記事検索

キングソフト、無料オンラインストレージサービス「KDrive」開始


KDriveオンラインサービス

 キングソフト株式会社は20日、無料オンラインストレージサービス「KDrive」の提供を開始した。容量は2GB。ウェブブラウザーからの利用のほか、PC上のバーチャルドライブとして利用できるようにするWindows用ソフトと、Android端末から利用できるアプリも提供する。

 「KDrive」は、2GBまでの容量が利用できるオンラインストレージサービス。メールアドレスによりアカウントを登録することで、無料で利用が可能。

 ウェブブラウザーからは「KDriveオンラインサービス」の利用が可能で、ブラウザー上の画面からファイルのアップロードやダウンロードが可能。また、ファイルを共有したい相手をメールアドレスで指定することで、第三者とのファイルの共有も行える。

 Windows 7/Vista/XP用には、PCのローカル上にバーチャルドライブ「KDrive」を作成し、オンラインストレージと自動同期を行う「KDriveクライアントソフト」も提供する。ローカル上のディスクドライブと同様にファイルをKDriveに保存でき、保存されたファイルはオンラインストレージと自動的に同期される。

 統合オフィスソフトの「KINGSOFT Office 2010」にも、KDriveへの保存機能がオンラインアップデートにより追加され、作成した文書をメニューから直接KDriveに保存できるようになる。また、マイクロソフトの「Office 2007」以降についても、KDriveクライアントソフトをインストールすると「KDrive」メニューが追加され、KDriveへの直接保存が可能となる。キングソフトのサイトでは、KDriveの機能が追加された「KINGSOFT Office 2010 KDrive同梱版」の30日無料体験版を配布している。

 Android端末向けには、オフィス文書のビュアーとKDriveの機能が一体となったアプリ「KINGSOFT Office for Android」の提供を、Androidマーケットで開始した。KDriveに保存したオフィス文書(doc、xls、ppt)を、独自の文書変換エンジンによりAndroid端末で閲覧できる。アプリの価格は無料で、対応OSはAndroid 2.2以降。

 キングソフトでは、当初は2GBで無料サービスを展開し、今後は無料容量を増やすことができるキャンペーンや、有料課金サービスを提供していく予定としている。

PC上のバーチャルドライブとしても利用が可能 Android用のアプリも提供する

関連情報

(三柳 英樹)

2011/5/20 17:06