記事検索

購読した電子雑誌のページをTwitterでみんなに共有、「マガストア」に新機能


共有ページのイメージ

 株式会社電通と株式会社ヤッパは25日、両社が運営している電子雑誌の有料配信サービス「マガストア(MAGASTORE)」において、読んでいるページをTwitterで広く共有できる機能を追加すると発表した。

 マガストアのiPhone/iPadアプリに搭載された共有ボタンを使うと、読んでいる雑誌の誌名、読んでいるページの目次名、ページ数、ハッシュタグ、URLが生成され、それをTwitterでつぶやいてフォロワーらと共有できる。

 生成されたURLはマガストアのサイト上にある共有ページのもので、誰でもアクセス可能だ。共有した雑誌の誌面が表示されるとともに、その電子雑誌の試し読みや購入への誘導リンクも掲載される。

 共有されるのは雑誌のページ単位で、マガストアの1アカウントつき、1雑誌に対して10回(10ページ)までの制限がある。また、共有機能に対応していない雑誌が一部ある。

 マガストアではこのほか、雑誌の本文検索機能も追加した。「テキストのみ表示機能」に対応した一部の雑誌で利用できる。

 新機能はPC向けサイトのリニューアルに合わせて導入するもの。共有ページへのアクセスおよび本文検索が利用できるのはPC(Windows、Mac)からで、今後、iPhone/iPadやAndroid端末にも対応するとしている。


関連情報


(永沢 茂)

2011/5/25 14:13