記事検索

「PlayStation Network」日本でも28日から再開、おわびパックの中身も発表


 ソニー株式会社と株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は、「PlayStation Network(PSN)」と「Qriocity」のサービスを5月28日から日本、台湾、シンガポール、マレーシア、インドネシア、タイでも段階的に再開すると発表した。

 これらのサービスは、不正侵入を受けて個人情報が漏えいしたことにより、4月20日にサービスを停止していた。その後、北米や欧州などでは5月15日より一部サービスを再開した。ソニーとSCEでは、日本・アジアでサービス再開まで待たせてしまったことなどを謝罪している。

 再開により利用できるようになるのは、1)PSNおよびQriocityのサインインおよびパスワード変更、2)プレイステーション3(PS3)およびプレイステーション・ポータブル(PSP)でのオンライン対戦、3)フレンドリスト、チャット機能、トロフィーなどの「フレンド」カテゴリー内の機能、4)PS3向け3Dコミュニティ「PlayStation Home」、5)PS3専用地上デジタルレコーダーキット「torne」などの各種サービスにおけるネットワーク機能。

 また、サービス全面再開後には「感謝とおわびのパッケージ」を無料提供するとし、日本のユーザー向けのパッケージ内容を発表した。

 まず、ゲームコンテンツとしては、4月21日以前にPSNに登録していたユーザーを対象に、PS3向け2タイトル、PSP向け2タイトルの計4タイトルを「PlayStation Store」で提供する。用意されているタイトルは、PS3向けが「The Last Guy」「おいでよロコロコ!! BuuBuu Cocoreccho!」「無限回廊 -序曲-」「WipEout HD」「ハスラーキング」の5タイトル、PSP向けが「勇者のくせになまいきだor2 PSP the Best」「みんなのスッキリ」「パタポン 2 ドンチャカ♪ PSP the Best」「リトルビッグプラネット ポータブル」「LocoRoco -Midnight Carnival-」の5タイトルで、これらの中から2タイトルずつ選べる。

 定期更新サービスとしては、同じく4月21日以前にPSNに登録していたユーザーを対象に、定額制サービスパッケージ「PlayStation Plus」と、「週刊トロ・ステーション」プラチニャ会員証/プラチニャP会員証を無料提供する。いずれも、既加入者には、サービスを停止していた日数+30日間の利用権を自動延長。未加入者については、30日間の無料加入権をPlayStation Storeで提供する。

 また、ビデオコンテンツの無料レンタルや、PlayStation Homeの自室の無料提供もおわびパックに含まれており、詳細は後日案内するという。

 このほか、会員がクレジットカードを再発行する際の手数料をSCEが負担することなどは、すでに発表している通りだ。

 なお、5月27日時点で、会員のクレジットカード情報が持ち出された証拠は報告されておらず、今回の不正侵入に起因する不正利用も確認していないとしている。


関連情報


(永沢 茂)

2011/5/27 17:12