記事検索

Mac OS X 10.6アップデート、「MacDefender」の削除機能を提供


 Appleは5月31日、Mac OS X 10.6(Snow Lepard)用のセキュリティアップデート「Security Update 2011-003」を提供開始した。Mac OS X 10.6.7/Mac OS X Server 10.6.7が対象。

 今回のアップデートでは、Mac OS Xをターゲットとして出回っている偽セキュリティソフト「MacDefender」に対処した。Mac OS Xのファイル隔離機能「File Quarantine」におけるマルウェアチェックに、MacDefenderの定義ファイルを追加。併せて、最新の定義ファイルを毎日確認して自動更新する機能を提供する。なお、自動更新はユーザー設定により無効にすることも可能だ。

 アップデートをインストールする過程においても、MacDefenderとその亜種に感染していないかスキャンし、削除するとともに、ユーザーにアラートを表示する。


関連情報


(永沢 茂)

2011/6/1 16:40