記事検索

米PayPal、NFC決済機能を発表、Android携帯同士を近づけることで支払い可能


 米eBay子会社の米PayPalは13日、米国サンフランシスコで開催されている「MobileBeat 2011」において、Android携帯のNFC(Near Field Communication)機能を使用した決済サービスのデモンストレーションを行い、今年夏の終わりごろに提供を開始することを発表した。

 公開された動画によれば、Android携帯同士を近づけることで、その携帯のユーザー間でPayPalによる支払いが行えるという仕組み。まず、受け取り側がアプリに請求金額を入力。その後、携帯同士を近づけて「ブーン」という音がしたら、支払い側に通知が行く。支払い側はそこでPINを入力すると、支払いが行われる。PayPalから受け取り側に支払いメールが送信され、最終的に双方が決済の確認を行う。

PayPalの公式ブログでデモ動画を公開している

 PayPalは、NFC技術が同社にとって最適だと判断したことから、この市場に参加することを決定したとしている。

 PayPalは7月、携帯キャリアによる引き落としによって決済を行う米Zongを買収した。また、Xboxにも対応するなど、さまざまな決済方法、端末への対応を進めている。PayPalの公式ブログでは、「数週間または数カ月の間にさらにエキサイティングな発表を行う」としている。

 米国では最近、携帯による決済サービスに大きな注目が集まっている。携帯決済サービスベンチャーの米Squareが、1億ドルの資金調達や元財務長官のローレンス・サマーズ氏を取締役に迎えるなどで注目を集めたほか、Android携帯のNFC技術対応でも注目が集まっている。


関連情報


(青木 大我 taiga@scientist.com)

2011/7/14 12:17