記事検索

国内企業のソーシャルメディア活用度、コカ・コーラが2年連続首位


 アジャイルメディア・ネットワーク株式会社は7日、日本企業を対象とした「ソーシャルメディア活用企業トップ50」を発表した。2月に実施した前回の調査と同様、首位は日本コカ・コーラだった。

 調査は大企業約300社を対象に、Twitter、mixi、GREE、モバゲータウン、Facebook、ブログ、YouTube、ニコニコ動画の活用度を算出したもの。調査方法としては、各サービスの企業アカウントやチャンネルのフォロワー数、登録数、動画再生数などを合算して指数化し、上位50社を選出した。

 トップ10は以下の通り。

 1.日本コカ・コーラ
 2.サントリーホールディング
 3.ローソン
 4.ユー・エス・ジェイ
 5.パナソニック
 6.アディダスジャパン
 7.セガ
 8.コナミ
 9.カプコン
 10.KDDI

 また、上位50社における各ソーシャルメディアの利用率としては、Twitterが100%に達したほか、YouTubeが86%、Facebookが84%、ブログが76%、mixiが58%、GREEが44%、ニコニコ動画が22%、モバゲータウンが18%となった。

 特にFacebookは、2月の前回調査時点ではトップ50にランクインした企業内での利用率が24%にとどまっていたが、今回の調査では60ポイントも増加。この半年間で、Facebookページの開設が急速に進んだことが伺える結果となった。


関連情報


(増田 覚)

2011/9/8 13:11