記事検索

ソーシャルメディアでの本名公開、「抵抗がある」が62.1%、前年より減少


 株式会社アップデイトのMMD研究所は20日、ソーシャルメディアでの個人情報公開に関する意識調査の結果を公表した。

 調査はPCおよびモバイルのウェブアンケートにより、9月1日〜7日に実施。有効回答数は620。

 FacebookやTwitter、mixi、ブログなどのソーシャルサービスで、実名(本名)を公開することに抵抗があるかという質問には、62.1%が「抵抗がある」と回答。2010年11月に行った同様の調査では、89.1%が「抵抗がある」と回答しており、約1年でソーシャルメディアでの個人情報公開に対する抵抗感が低くなりつつあることが伺えると分析している。

 職場や学校でソーシャルメディアの利用に関するルールがあるかという質問に対しては、「ルールがある」という回答は22.1%にとどまった。

 住所を知らなくても年賀状を送れるサービス「ミクシィ年賀状」を利用したことがあるかという質問には、16.1%が「利用したことがある」と回答。今年度から開始されるFacebookの同様な年賀状サービスについては、30.9%が「利用すると思う」と答えている。


関連情報

(三柳 英樹)

2011/9/21 06:00