記事検索

ロケタッチ、常連候補のみにクーポンを配布できる店舗向け管理ツール


ユーザーに届くクーポンのイメージ

 株式会社ライブドアは10月3日、携帯電話やスマートフォンのGPS機能を利用して、自分が訪問した位置情報を記録・共有できるサービス「ロケタッチ」において、小売店や商業施設などの店舗オーナー向け管理ツール「ロケタッチオーナーズ」の正式提供を開始した。

 店舗オーナーはクーポンの発行、店舗ページの編集、常連ユーザーのランキングや競合店の状況、タッチがあったことを知らせてくれるアラート機能、タッチ数のアクセス解析などの機能を無料で利用できる。

 クーポンの発行機能は、従来の不特定多数に配布する“ばらまき型”クーポンと異なり、お店のリピーターとなりうる「常連候補」に絞ってクーポンを配布できるのが特徴。常連候補は、店舗へのタッチの履歴をもとに、ロケタッチ独自の仕組みで自動生成される。

 ユーザーが入手したクーポンは、ロケタッチを通じて友人間でプレゼントできる。そのため店舗オーナーは、クーポンを配布したユーザーが別の新規顧客を連れてくることも見込める。

 また、スポット編集機能では、店舗にタッチしたユーザーが交流できる「スポットページ」を作成できる。同ページでは、店舗オーナーからのメッセージを表示したり、ユーザーが撮影した店舗の写真やノートも掲載される。

 ロケタッチオーナーズについてライブドアは、「店舗にタッチしたユーザーを常連につなげ、ユーザーと店舗オーナーの距離をグッと縮める仕掛けを盛り込んでいる」と説明。店舗と相性の良い顧客を効果的に集客できる店舗管理ツールだとしている。

ユーザーのタッチ数推移や時間帯別のタッチを確認できるレポート機能 店舗オーナーからのメッセージを表示したり、ユーザーが撮影した店舗の写真やノートが掲載される「スポットページ」

関連情報


(増田 覚)

2011/10/3 11:00