記事検索

Windows XPがもうすぐ発売10周年、Windows 7へ移行することで祝福を?


 Windows XPが2001年10月25日に発売されてから、再来週で10周年を迎える(日本でのパッケージ版発売は11月16日)。これを受けて米Microsoftの「Windows for your Business Blog」において10日、同社Windows Marketing担当ジェネラルマネージャーであるRich Reynolds氏が「Celebrate a Decade of Windows XP by Moving to Windows 7」と題した記事を掲載した。

 Reynolds氏は、デスクトップとラップトップのシェアが逆転したことや、ワイヤレスインターネットアクセスが進展したことなど、この10年間でPCを取り巻く環境が大きく変わったことを振り返った上で、2001年当時はPCに大きな前進をもたらしたOSだったWindows XPだが、今では仕事のやり方が変化しており、それに対応できる最新のPC、すなわちWindows 7とOffice 2010が必要だと説明する。

 一方で、Windows XPとOffice 2003を使用しているPCもまだ多くあることについて、企業のOS移行について述べたGartnerのレポートを紹介している。Windows XPとOffice 2003のサポートが2014年4月まで続く一方で、Windows 8が2012年にもリリースされるとみられていることから、企業にとってはWindows 7を飛ばしてWindows 8に移行するという方法も考えられるが、Gartnerではそれは危険だと指摘。Windows XPからWindows 7への移行準備を進めている企業はその計画を継続し、いきなりWindows 8に切り替えることのないよう呼び掛けている。

 Reynolds氏は、移行を支援するツールや情報などをMicrosoftで提供していることも、あらめて同ブログ記事で紹介している。


関連情報


(永沢 茂)

2011/10/11 20:01