記事検索

PFU、「ScanSnap S1500」の新モデルを10月21日発売


ScanSnap S1500

 株式会社PFUは、ドキュメントスキャナー「ScanSnap S1500」シリーズの新モデルを10月21日に発売する。従来モデルからハードウェア面での変更はなく、添付ソフトがアップデートされるほか、iPad/iPhoneやクラウドサービスとの連携が強化される。

 直販オンラインショップでの価格は、Windowsモデルの「S1500」、Mac OSモデルの「S1500M」とも4万9800円。ドキュメントファイリングソフト「楽2ライブラリ パーソナル V5.0」とのセットモデルは5万4800円。

 ScanSnap S1500シリーズの新モデルでは、iPad/iPhoneとの連携機能を強化。iPad/iPhone用の無償アプリ「ScanSnap Connect Application」を用いることで、ScanSnapでスキャンした原稿をiPad/iPhoneに直接保存できるようになる。

 また、クラウドサービスとの連携も強化し、ScanSnapのクイックメニュー上にクラウドサービスとの連携アイコンを追加。従来のEvernote、Googleドキュメント、Salesforce CRMに加え、SugarSyncとSalesforce Chatterにも簡単に書類を保存できるようにした。

 添付ソフトについては、Windowsモデルが「Acrobat X Standard」、Mac OSモデルが「Acrobat 9 Pro」にそれぞれバージョンアップ。また、「楽2ライブラリ パーソナル V5.0」についても、iPad/iPhoneやクラウドサービスとの連携機能を実現し、スキャンデータやデジタルカメラの写真などをまとめて管理できる写真アルバム機能を追加した。

 ScanSnapの従来モデルのユーザーに対しても、「ScanSnap Manager」「ScanSnap Organizer」「楽2ライブラリ パーソナル」のアップデートプログラムが10月12日から提供される。アップデートプログラムをインストールすることで、iPad/iPhoneやクラウドサービスとの連携機能など、新モデルと同様の最新機能が利用できる。


関連情報

(三柳 英樹)

2011/10/12 11:12