記事検索

Microsoft、「Kinect」商用利用プログラムを2012年初めごろに開始予定と発表

すでに医療分野で成果


 米Microsoftは10月31日、ゲーム機「Xbox 360」用に開発されたジェスチャー/音声ユーザーインターフェイス装置「Kinect」の商用向けプログラムを、2012年初めごろに開始予定だと発表した。

 Kinectは2010年11月に発売された後、60日間における「世界で最も速いペースで売れた家電機器」の項目でギネス記録として認定されるほどの人気を博した。その結果、多くのアマチュアホビイストやハッカーが技術を解析し、ゲーム以外での利用を模索し始めたため、MicrosoftはAPIを公開する方針に転換。2011年6月、非商用利用に限定した形でソフトウェア開発キットを公開した。これによって、.NET開発者がKinectを利用したアプリケーションを開発できるようになった。

 今回、「2012年初めごろ」に企業が商用でKinectを利用できるプログラムを実施すると決めたことにより、ゲームを超えてさまざまな分野でKinectが使用され始める可能性が出てきた。Microsoftではすでに商用利用向けパイロットプログラムを開始しており、数多くの企業の注目を集めている。現時点で20カ国/25業界から200を超える利用申請を受けたとしている。

 Microsoftでも多数の企業と協力しながらKinectのための種々のツールやAPI開発を進めている。Kinectの開発母体となった同社研究機関のMicrosoft Researchだけでも、数人の研究者が、一般的なKinectジェスチャーのためのライブラリを開発中だ。これを使用すれば開発が容易になり、プロジェクト開発を早めることができる可能性があるという。

手術室での「Kinect」活用例

 本来の目的であったゲームでの利用もさることながら、医療分野での利用が進むなど、これまでに考えられなかった用途が生み出されてきた。例えば英国のロイヤルバークシャー病院では、患者の容態に合わせたリハビリプログラムにKinectのリハビリ運動が使用されており、患者の回復に寄与しているという。

 また、スペインのベンチャー企業であるTedesysは、手術室での応用を見いだした。手術は長時間に及ぶが、その間に医師はMRI画像を確認したり、手術の手順を確認するなど情報にアクセスする必要がある。通常はバクテリアなどによる感染症を防ぐため、手術室外に出て情報を確認してから清潔にし、また手術室に戻って手術を続けるという方法をとらざるを得ない。しかし、TedesysがKinectを利用したユーザーインターフェイスを開発した結果、医師は手術室の中で何にも触れることなく、ジェスチャーと音声認識制御だけで必要な情報を得られるようになった。スペインでは毎年6000人が手術室内でのバクテリア感染症によって死亡するとされ、Kinectのユーザーインターフェイスはこの問題を解決する手段になる可能性がある。


関連情報


(青木 大我 taiga@scientist.com)

2011/11/1 12:11