記事検索

Wiiの改造を請け負った男性逮捕、「技術的制限手段回避装置提供行為」で


 福岡県警生活経済課サイバー犯罪対策室などは2日、インターネットオークションを通じて海賊版ゲームソフトを販売するとともに、海賊版ソフトを動作させるためにゲーム機「Wii」の改造を請け負ったとして、福岡県北九州市の無職の男性(41歳)を逮捕し、翌3日に福岡地検に送検した。著作権法違反(複製権侵害)と不正競争防止法違反(技術的制限手段回避装置提供行為)の疑い。社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)が6日、発表した。

 この男性は、2011年6月1日から10月7日ごろまでの間に3回にわたり、インターネットオークションの落札者から送付させたハードディスクに、著作権者に無断でWii用ゲームソフト「New スーパーマリオブラザーズ Wii」や「ファミリースキー」など6タイトルをコピーして、計1万5000円で販売していた。

 また、Wiiの改造作業を1000円で出品。2011年12月9日から12月29日までの間に3回にわたり、落札者から送付させたWiiとSDカードに、技術的制限手段回避機能を有するプログラムを記録して返送していた。男性は容疑を認めているという。

 不正競争防止法は昨年6月の改正において、DVDやBlu-rayなどに施している複製を防止する技術や、ゲーム機などに施している複製されたコンテンツを動作させない技術を無効化するプログラム・装置についての規制を強化。DVDビデオからの複製を可能にするリッピングソフトや、ニンテンドーDSで海賊版ソフトを動作させるマジコンなど、技術的制限手段を回避するプログラム・装置を提供する行為に対して刑事罰を導入しており、12月より施行されている。

 新聞報道などによれば、これが適用されたのは今回が初めて。


関連情報


(永沢 茂)

2012/2/6 14:48