記事検索

「Google Chrome 17」安定版公開、ページ先読みとマルウェア防止機能の強化


 米Googleは8日、ウェブブラウザーの新バージョン「Google Chrome 17」の安定版を公開した。バージョン番号は「17.0.963.46」。Windows版、Mac版、Linux版と、Internet Explorer用プラグインの「Chrome Frame」がある。

 今回のバージョンでは、ページの先読みによりブラウジングを高速化したほか、マルウェアのダウンロードを防止する機能を強化。また、多数の脆弱性も修正した。

 ページの先読みは、URLのオートコンプリートが働くような頻繁に訪問するサイトで効果を発揮する。オムニボックスにURLを入力し初めるとオートコンプリートによりURLが補完されるが、その間にもページがプリレンダリングされており、エンターキーを押すと同時にページが表示されることもあるほどだとしている。

 マルウェアのダウンロード防止機能では、既知のマルウェアのリストによるチェックに加え、「.exe」「.msi」などの実行ファイルのチェックも行うようにした。ホワイトリストにない実行ファイルだった場合、ダウンロード元のサイトがマルウェアを多数ホスティングしているようなサイトではないか、Googleの情報を参照する仕組みにしたという。

 修正された脆弱性は全部で20項目。深刻度の内訳は、“Critical”が1件、“High”が8件、“Mdedium”が5件、“Low”が6件。


関連情報


(永沢 茂)

2012/2/9 12:54