記事検索

「楽天市場」3万5000店舗で「Edy」決済に対応、6月1日からは「楽天Edy」に


 プリペイド型電子マネーサービス「Edy」を提供するビットワレット株式会社は16日、「楽天市場」の店舗におけるEdy決済の対応を拡大したことを発表した。全3万9000店舗のうち、約3万5000店において同日よりEdy決済が使えるようになった。

 ビットワレットと楽天会社は2010年11月より、楽天市場の出店店舗におけるEdy決済の導入を進めてきた。今回、電子マネーのサービス名称が6月1日より「楽天Edy」に、ビットワレットの社名が「楽天Edy株式会社」にそれぞれ変更するのを機に導入を強化したという。

 ビットワレットでは、「決済手段が増えるだけでなく、クレジットカードを保有していない若年層や高齢者の方がインターネット上のショッピングを電子マネーで楽しんでいただけるようになった」としている。

 5月16日からは、楽天市場でのショッピングの決済に、Edy機能付き楽天カード、楽天ポイントクラブEdyカード、楽天イーグルスキャラクターEdyカード、Edyストラップ、楽天Edyアプリを利用すると、楽天スーパーポイントの付与率が2倍になる。従来は税込み200円につき1ポイントだったのが、100円につき1ポイントになる。


関連情報


(永沢 茂)

2012/5/16 15:48