記事検索

日本政府が「CYMAT」発足、サイバー攻撃など省庁横断で対応


 内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)は6月29日、同センター内に「情報セキュリティ緊急支援チーム(CYber incident Mobile Assistant Team:CYMAT)」を発足したと発表した。サイバー攻撃などへの対応を支援するため、全府省庁の職員で構成することを目指した初の組織だという。現在、CYMATの要員は26人で、最終的には40人程度となる。

 CYMATの支援対象機関は、政府機関、CISO等連絡会議オブザーバー参加機関、独立行政法人など。サイバー攻撃などにより情報システム障害が発生した場合や発生する恐れがある場合で、政府一体となって対応する必要のある情報セキュリティインシデントについて、被害拡大防止、復旧、原因調査、再発防止のための技術的支援などを行う。また、平常時には研修や訓練も実施する。


関連情報


(永沢 茂)

2012/7/2 11:47