記事検索

「Yahoo! BB 光」がIPv6/IPv4デュアル環境に、フレッツ向けでIPv6網ベースに


 ソフトバンクBB株式会社は、FTTHインターネット接続サービス「Yahoo! BB 光 with フレッツ」において、IPv6/IPv4のデュアルインターネット接続サービス「Yahoo! BB 光 with フレッツ IPv6 IPoE + IPv4」の提供を開始する。まずは1日より、新規加入者を対象に申し込みの受付を開始。追って既存加入者への提供も予定している。料金は、従来のIPv4のみのサービスと同額。

 対応するフレッツ回線は、NTT東西の「フレッツ 光ネクスト」「フレッツ 光ネクスト ハイスピードタイプ」「フレッツ 光ネクスト エクスプレスタイプ」で、「フレッツ・v6オプション」の利用が前提。なお、ハイスピードタイプとエクスプレスタイプであれば、下り回線速度がIPv6/IPv4いずれも最大1Gbps。

 ソフトバンクグループのBBIX株式会社がISP事業者向けに提供を開始した「IPv6 IPoE+IPv4ハイブリッドサービス」を利用したもの。BBIXでは従来より、フレッツ 光ネクストに対応したネイティブ方式(IPv6 IPoE)のIPv6ローミング接続サービスをISP事業者向けに提供していた。ISPはこれを利用することで、自社加入者に対して、既存のIPv4インターネット接続サービスに加えて、IPv6インターネット接続サービスを提供することができた。ただしISPにとっては既存のIPv4バックボーンと別にIPv6網を導入するかたちになるため、二重投資になるという面もある。

 IPv6 IPoE+IPv4ハイブリッドサービスは、このIPv6ローミング接続サービスに、IPv4のローミング接続サービスも追加したものだ。具体的には、IPv4 over IPv6トンネリングにより、IPv6ネットワーク上でIPv4通信を通す仕組み。

 いわば、従来のIPv4環境にIPv6環境を追加するのとは逆に、IPv6ネットワークの方をベースにしてIPv4にも対応するかたちと言える。同サービスだけでIPv6/IPv4のデュアル環境が提供されるため、こちらに完全に移行できればISPが自社でIPv4バックボーンを維持する必要がなくなるわけだ。

BBIXが、IPv6/IPv4接続を提供する「IPv6 IPoE+IPv4ハイブリッドサービス」 BBIXがIPv6接続だけ提供する、従来からのIPv6 IPoEローミングサービス

 Yahoo! BB 光 with フレッツ IPv6 IPoE + IPv4では、加入者宅に設置する「光BBユニット(E-WMTA2.2)」の機能でIPv6/IPv4デュアル環境に対応する。ソフトバンクBBによると、同ユニットは、Yahoo! BB 光 with フレッツのごく初期を除く大多数の加入者に提供している機種。今回、IPv6 IPoE + IPv4の申し込み受付が開始された新規加入者だけでなく、既存加入者でもセンター側からのファームウェア更新により対応可能だとしている。

 なお、Yahoo! BB 光 with フレッツ IPv6 IPoE + IPv4は、従来の「Yahoo! BB 光 with フレッツ」に対するオプション的な位置付けとなるが、ソフトバンクBBでは今後、基本的にはIPv6 IPoE + IPv4の利用を推奨していくスタンスだ。IPv6/IPv4デュアル環境だからといってユーザーにとっては特に大きな違いもなく、トンネリングで提供されるIPv4インターネット接続のパフォーマンスが下がることもないとしている。

 ソフトバンクBBでは、フレッツ 光の既存加入者向けにインターネット接続サービスのみを提供する「Yahoo! BB 光 フレッツコース」についても、同様のサービス「Yahoo! BB 光 フレッツコース IPv6 IPoE + IPv4」の申し込み受付をを9月上旬より開始する予定だ。Yahoo! BB 光 with フレッツ、Yahoo! BB 光 フレッツコースのいずれも、既存加入者向けへのIPv6 IPoE + IPv4サービスの提供はそれ以降になる見込み。

 ソフトバンクが7月末に発表したYahoo! BBの加入者数は423.8万件で、回線種別はADSLが246.7万件、フレッツ 光が177.1万件。ソフトバンクBBでは、まだ多くの加入者がいるADSLにおいても、IPv6 over IPv4トンネリング技術の「6rd」を利用したIPv6インターネット接続サービスを予定しており、IPv6への円滑な移行を積極的に推進していく考えだ。


関連情報


(永沢 茂)

2012/8/2 20:06