記事検索

光ファイバー1本で1Pbps、52.4kmの伝送に成功、映画5000本分が1秒で


 日本電信電話株式会社(NTT)、株式会社フジクラ、国立大学法人北海道大学、デンマーク工科大学の4者は20日、光ファイバー1本で1Pbps(ペタビット/秒)の大容量データ伝送を52.4kmの距離で成功したと発表した。2時間のハイビジョン映画約5000本を1秒で伝送できる速度に相当し、1本の光ファイバーで1Pbpsを実現したのは世界初だとしている。なお、この距離は、中距離の中継ビルの間隔に相当するという。

 12個のコアをほぼ同心円状に配置した新しい構造のマルチコア光ファイバーを開発し、従来の課題だったというコア間のクロストーク(光信号の漏れ)を低減するとともに、各コアに高密度に波長を多重することが可能な偏波多重32値QAMデジタルコヒーレント技術を適用。1コアあたり84.5Tbps(1波長あたり380Gbps×222波長チャネル)の伝送容量を実現し、12コアの光ファイバ−1本で総容量が1.01Pbpsとなる。

12コア-マルチコア光ファイバー




関連情報


(永沢 茂)

2012/9/21 17:14