記事検索

ヤフーとソフトバンクがYahoo!プレミアムで協業、契約者情報連携や料金合算


 ヤフー株式会社とソフトバンクモバイル株式会社は21日、会員制有料サービス「Yahoo!プレミアム」の分野で協業することを発表した。新たに、ソフトバンクショップで利用登録を受け付けるほか、会員費と携帯電話料金の合算支払いなどが可能となる。

 Yahoo!プレミアムは、ポータルサイト「Yahoo! JAPAN」で提供されている会員制度。「Yahoo!オークション」の利用時に登録が必要となるほか、オンラインストレージ「Yahoo! ボックス」の容量が増加するなど、複数の特典を受けられる。月額料金は従来346円だったが、10月1日から399円に値上げされる。

 協業は10月1日付けでスタートする。具体案は複数あり、まずスマートフォン向けの使い放題コンテンツを拡充する。ゲーム・占い・学習など、さまざまなジャンルのコンテンツをラインナップする計画。

 また、Yahoo!プレミアム登録に必要になる「Yahoo! JAPAN ID」と、ソフトバンク携帯電話の契約者情報連携を進める。これにより、Yahoo! JAPAN IDへのログインが、ソフトバンク携帯電話番号とYahoo! JAPAN ID用パスワードの入力で行えるようになるという。

 ソフトバンクショップ店頭では、10月1日からソフトバンク携帯電話の利用者を対象に「Yahoo!プレミアム for SoftBank」の利用受付を開始する。月額料金は、Yahoo!プレミアムと同額の月額399円だが、利用料を最初の2カ月間無料とする。料金は携帯電話の利用分に合算される。


関連情報


(森田 秀一)

2012/9/21 17:38