記事検索

iPad miniなどを紹介、アップル発表会フォトレポート


 米アップルは、米国時間の2012年10月23日、7.9インチの液晶ディスプレイを搭載した「iPad mini」、ブラッシュアップした第4世代の「iPad」など新製品を発表した。

 米カリフォルニア州サンノゼのカリフォルニアシアターで行われた製品発表会で、ティム・クックCEOは、「2年半前には世の中になかったiPadが、累計1億台の出荷を達成した。また2012年第2四半期の集計では、どのメーカーのPCよりも、iPadの出荷台数の方が上回った」などとして、iPadの好調ぶりを訴えてみせたほか、「今回の新製品によって、年末商戦に向けて最高の品揃えができた。2012年はイノベーティブな製品を投入すると宣言してきたが、その約束を達成できたと考えている。これまで以上に進化を遂げた製品を発表できた」などと語った。

第4世代iPadとiPad mini

 今回、同社が発表したのは、7.9型液晶ディスプレイ搭載のiPad mini、CPUにA6Xを採用した第4世代のiPad、13型Retinaディスプレイを採用したMacBook Pro、ディスプレイ部で5mmという薄さを達成した新世代のiMac、従来製品に比べて2倍に高速化したMac miniだった。

 発表会の様子を写真で追ってみる。

 

発表会開始前〜現況について

発表が行われた米カリフォルニア州サンノゼのカリフォルニアシアター 午前9時の開場にあわせて入場する報道関係者 カリフォルニアシアターで行われた発表会の様子
テレビ各局も現地からの中継の体制を整えていた 米アップルのティム・クックCEO ティム・クックCEOは、冒頭にiPhone 5の発売後、最初の週末に販売台数が500万台に達したと報告。電話の歴史的でもっとも早い実績であることを強調した
iPhone 5の販売の様子をビデオで紹介 iPod Touchなどの新たなiPodシリーズも発売から約2週間で300万台を販売。もはやiPod Touchには競合がないといった記事の評価を紹介した さらにiOS 6を搭載したデバイスの出荷台数は2億台に到達したと発表
続けて様々な最新の数字を紹介。クラウド上に保存されているドキュメントの数は1億2500万に達しているという iMessageでは、3000億件のメッセージがやりとりされた。これは1秒間に2万8000通がやりとりされている計算になる さらにGame Centerでは1億6000万件のアカウントが登録されている
写真の共有は7000万件にのぼるという iOSのアプリケーション数は70万種類に そのうちiPad向けアプリケーションは27万5000種類に
アプリケーションのダウンロード数は350億件に達したという 開発者に支払った金額は65億ドルに達している さらにiBooksでは1500万冊が用意されており、4億冊がダウンロードされたと公表
日本語の縦書きに初めて対応。右から左にページをめくるのは縦書きならではのもの

 

MacBook Pro、Mac mini

話題はMacに移った。PCの成長率が2%に留まっているのに対して、Macは前年同期比15%増という高い成長を維持 6年間に渡り業界を上回る成長を遂げ、顧客満足度も向上。米国ではナンバーワンのデスクトップPCになったとする ここでフィル・シラー上席副社長が登壇し、13型Retinaディスプレイを採用したMacBook Proを発表
フィル・シラー上席副社長 従来の13型MacBook Proよりも20%薄くなり、史上最軽量のMacBook Proになるという 最大の特徴はRetinaディスプレイの採用
左右の側面には各種インターフェースを搭載 409万6000ピクセルを実現。世界で2番目とするのは15型Retinaディスプレイモデルがあるため
ほとんどのHDテレビの2倍の解像度を持つとした 13型Retinaディスプレイを採用したMacBook Proの概要 13型Retinaディスプレイ搭載MacBook Proの仕様
価格は1699ドル。日本では14万4800円からとなっている 13型Retinaディスプレイを採用したMacBook Pro 続いて紹介したのがMac mini。最大2倍の高速化を実現した
価格は599ドルから。日本では5万2800円からとなっている

 

iMac

さらに話題は新世代のiMacに及んだ。これまでの進化を説明 新たなiMacの薄さを示すフィル・シラー上席副社長。摩擦撹拌接合という方式を採用することで5mmという薄さを実現した 27型ディスプレイモデルの概要。12月から出荷する予定
21.5型ディスプレイモデルの概要。11月から出荷する 新たなiMacの各種インターフェース。薄くなっても妥協はしていないという iMacでは、HDDとフラッシュを組み合わせたFusion Driveを新たに提案した
128GBのフラッシュと、1TBあるいは3TBのストレージが選択できる よく利用するアプリケーションは自動的にフラッシュに格納し、高速起動が行える。HDDにはあまり使わないソフトや大容量のデータなどを格納 Fusion Driveのロゴマーク
新たなiMacの27型ディスプレイモデル

 

iPad

続いてiPadの話題に入る。まずは累計で1億台を出荷したことを説明 どのメーカーのPCよりもiPadが売れているという iPadのウェブへの接続シェアは91%。タブレットとして一番使われるウェブ閲覧用途でのシェアが高い
高校の教科書では80%がibooksに対応しているという 教科書は高価で重たいというのが米国の常識。これをiPadで手軽に持ち運べるようになる 米国の高校において、すでに2500教室でiBooksを実際に導入している
一方でフォーチュン500社の94%がiPadを導入している こうした事例を説明したあとに発表したのが第4世代のiPad ここで再びフィル・シラー上席副社長が登壇し、第4世代のiPadにはA6Xを採用していることを明らかにした
第3世代で搭載していたA5Xに比べて約2倍のパフォーマンスを実現する 10時間の連続バッテリー駆動時間を実現 日本ではソフトバンクに加え、新たにKDDIが販売することを発表。米国ではスプリントが新たにiPadの販売を開始する
16GBのWi-Fiモデルの価格は499ドル。日本では4万2800円 16GBのWi-Fi+セルラーの製品が629ドル。日本での価格は5万3800円

 

iPad mini

第4世代のiPadの裏側を見せるのかと思いきや、そこには噂されていたiPad miniが。会場からは拍手が起こる 正式名称として「iPad mini」が発表された 薄さを強調。鉛筆と同じ太さだという
iPadに比べて53%も軽量化している。重量は308g ブラックとホワイトの2色を用意している iPadが9.7型ディスプレイであるのに対して、iPad miniは7.9型ディスプレイを採用
iPad2と同じ解像度を達成している。機能は削らずにサイズだけを小さくしたというのがiPad miniの特徴 iPad用に開発された27万5000種類のアプリケーションはそのまま利用できる Androidの7型ディスプレイとiPad miniの7.9型を比較してみる
単純比較するとiPad miniのほうが35%大きい しかし、Webページを表示してみると、タグの部分やメニューボタンなどの位置がないため49%大きくなる さらに画面を横にしてみると効果がさらに大きく67%も大きい
iPad miniにはA5チップを搭載している 5種類のカラーのSmart Coverを用意した これまで0.2mmあった本体とディスプレイの間の空気が入るスペースまで削減し薄型化した
iPad miniの中身の様子も映像で流された iPad miniのキャッチフレーズは「Every inch an iPad」。日本語では「ミニなのは、サイズだけ。」 16GBのWi-Fiモデルの価格は329ドル。日本では2万8800円となっている
3つのiPadを品揃えすることになる Wi-Fiモデルは11月2日から出荷を開始 日本や米国を含めてこれらの国で一斉に発売されることになる
Wi-Fi+Cellularモデルは、11月2日から2週間後に米国で発売。それ以外の国は順次発売されることになる iPad miniは2つのカラーを用意している iPad miniの裏面の様子

 

2012年を振り返る

最後に2012年を振り返ったティム・クックCEO マウンテンライオンから始まった今年の新製品を紹介 約2週間前に発売になった新たなiPodや、今日発表した新たなiMacなどにも改めて言及した
第4世代のiPadやiPad miniについても触れ、年末商戦に向けて最高の商品が揃い、イノベーティブな製品を出すという約束を果たせたと語った 製品発表の講演を終了後、新製品展示コーナーに顔をみせたティム・クックCEO

 


関連情報


(大河原 克行)

2012/10/24 15:18