ニュース

So-net、“世界最速”最大2GbpsのFTTHサービス「NURO 光」〜月額4980円から

サービスブランド「NURO」のロゴ

 ソネットエンタテインメント株式会社(So-net)は15日、通信サービスの新たなブランド「NURO」を発表するとともに、FTTHの新サービス「NURO 光」の提供を開始すると発表した。提供エリアは、関東1都6県。戸建て住宅および2階建て以下の集合住宅を対象に同日より受付を開始した。

 NURO 光の最大通信速度は、下り2Gbps/上り1Gbps。個人宅向けの商用FTTHサービスで2Gbpsは世界最速だという。なお、この下り2Gbpsとは、NURO 光用に開発した宅内終端装置(ONU)のWAN側インプットの数字だ。LAN側は、1Gbpsの有線LAN×3ポートのほか、最大450Mbpsの無線LAN親機機能(IEEE 802.11a/b/g/n、2.4GHz/5GHz)を標準装備。1つのインターフェイスで2Gbps出るポートはないため、これらに同時接続したPC、スマートフォン/タブレット、テレビ、ゲーム機などの通信速度の合計が最大2Gbpsということになる。

 月額料金は、2年継続契約/2年ごと自動更新の「NURO 光 G2 V」が4980円(更新月以外に解約やコース変更をすると、契約解除料9975円が発生)。このほか、継続契約期間が設定されていない月額7480円の「NURO 光 G2」もある。最大5台のWindows、Mac、Android端末で利用できるセキュリティサービス「マカフィー マルチ デバイス セキュリティ」も月額料金内で提供される。

 初期費用は、契約料が840円、基本工事費が3万1500円だが、基本工事費は1050円×30カ月の分割払いとなる。

ソネットエンタテインメント株式会社取締役執行役員専務の会田容弘氏。手に持っているのが、NURO 光用に開発した宅内終端装置だ

 オプションサービスとして、IP電話サービス「NURO 光 でんわ」も用意。月額基本料金525円で、全国の一般固定電話へ8.4円/3分で発信できるほか、NURO 光 でんわ同士やソフトバンクグループの「BBフォン」などの提携電話サービスとは無料通話が可能だ。番号ポータビリティに対応しており、NTTの一般加入電話で利用している番号をNURO 光 でんわでそのまま利用することも可能だ。

 ソフトバンクの「BB割」にも対応しており、ソフトバンクモバイルのスマートフォンとNURO 光 でんわをセットで利用すると、ソフトバンクモバイルの月額料金(スマートフォン、iPhone、iPad)から月額1480円×最大2年間割引される。また、「ホワイトコール24」にも対応しており、NURO 光 でんわの契約者が家族のソフトバンク携帯電話を登録することで、自宅のNURO 光 でんわから全ソフトバンク携帯への国内通話と、登録したソフトバンク携帯電話から全NURO 光 でんわなどのIP電話への通話が無料になる。

 So-netではこのほか、4月15日から5月31日までの期間、NURO 光 G2 Vに新規入会またはコース変更する先着5000名を対象に、キャッシュバックや月額料金割引を行うトライアルキャンペーンを実施する。So-netのウェブサイト・電話・入会申込書からの申し込みで1万5000円、さらにNURO 光 でんわの同時申し込みで5000円をキャッシュバックする。また、月額基本料金を最大2カ月無料にするほか、基本工事費の分割払い料金に相当する月額1050円×29カ月間割り引く。あわせて、解約時の契約解除料と基本工事費の残額も免除する。

アクセス回線にGE-PONではなくG-PONを採用、低価格と高速化を実現

 NURO 光では、加入者収容局からユーザー宅の終端装置までのアクセス回線部分の伝送規格として、G-PON(Gigabit capable Passive Optical Network)方式を採用しているのが特徴。

 So-netによると、同規格の物理帯域は下り2.44Gbps/上り1.25Gbpsであり、フレッツ 光など国内で一般的なGE-PON(Gigabit Ethernet Passive Optical Network)方式の下り1.25Gbps/上り1.25Gbpsと比較して下りが広帯域。

 さらに、データ伝送時におけるヘッダーなどのオーバーヘッドを除くデータ本体の占める割合(有効帯域率)は、GE-PONが72%なのに対してG-PONは92%と、3割近く効率がいいこともあわせて、下りのスループットが従来の国内の一般的な回線と比べて約2.5倍に向上するという。

 また、グローバルで見れば普及している技術のため、機器が低価格で調達でき、高速化だけでなく、サービスの低廉化にもつながっているという。

 なお、下り2Gbps/上り1Gbpsというのは、このG-PON方式による加入者収容局からユーザー宅までのアクセス回線部分のスペックだ。NURO 光のサービスではこれを複数加入者で共有するかたちとなる(共有数は非公表)。

アクセス回線部分に採用している技術の概要

 NUROブランドではNURO 光のほか、NTTドコモのネットワークを利用したモバイル通信サービス「NURO LTE」や、法人向けソリューションサービスとしてソネットビジネスアソシエイツ株式会社が提供する「NURO Biz」も発表された。

「NURO Biz」で提供する終端装置。法人向けということで、ブリッジ機能のみのモデル(左)もラインナップする

 15日に都内で開催された発表会では、So-net代表取締役社長の吉田憲一郎氏が、新サービス投入の背景などを説明した。

ソネットエンタテインメント株式会社代表取締役社長の吉田憲一郎氏

 吉田氏によると、最大2Gbpsの高速かつWi-Fi標準装備のFTTHサービスを提供するに至った背景には、コンテンツのリッチ化、オンデマンドの進展、デバイスのWi-Fi化――という3つのインターネット環境の変化がある。

 コンテンツのリッチ化に関しては、まず、スマートフォンなどでも動画視聴が普及していることがあるという。動画はウェブ視聴や音楽のダウンロードなどに比べて圧倒的に容量が大きいため、ユーザーからすればモバイル通信サービスのパケット上限に簡単に達してしまうという懸念がある。一方で、ISP側からも無線通信インフラの帯域のひっ迫をもたらすことになる。吉田氏はまた、スマートフォン/タブレットが最も利用されるのはユーザーの宅内でもあるとし、宅内でスマートフォン/タブレットの通信をWi-Fiにオフロードする必要性が、ユーザー側/ISP事業者側にあるとした。

 コンテンツのリッチ化では、当然ながらデータ容量も大きくなる。吉田氏は、HD映像コンテンツの提供は、まず地デジ放送で2003年に開始され、追ってその約4年後にインターネットのHD映像の配信がスタート。現在ではストリーミングでもダウンロードでもHDがごく一般的になっているとした。さらにソニーが液晶テレビ「BRAVIA」において、フルHDの4倍の解像度を持つ4K対応モデルの新製品を発表したが、吉田氏は、この4K映像コンテンツが放送からインターネットへと来るまでの時間差は、HDの時よりもはるかに短くなると指摘。こうしたテレビが今後、インターネットに接続されるという観点から、自宅の高速回線とWi-Fiの役割が大きくなるとした。

 ゲームについても、パッケージからオンラインへのシフトが起こりつつあるとし、プレイステーションのタイトルでは20GB近い容量のものがあるほか、グループ会社であるゲームポットが提供するPC向けオンラインゲームや、スマートフォン向けのゲームでも最近は2GB近くある本格的なタイトルが登場しているという。

 2点目のオンデマンドの進展に関しては、通信サービスで提供するエンターテインメントコンテンツの役割について、ユーザーが見たい時/楽しみたい時にストリーミング/ダウンロードでユーザーの欲求に応えられるよう提供することが、放送とは異なる通信・ネットワークの役割だとした。また、3点目のデバイスのWi-Fi化は、スマートフォンやタブレット、PCなどで加速化しているが、前述のテレビでも重要になるとしている。

 新しいサービスブランドのNUROとは、情報伝達をつかさどる神経細胞「ニューロン」に由来する。「無数のネットワークをはりめぐらせ、人と人、そして世界とを加速度的につないで、これまでに体験したことのない感動を生み出してゆく、通信の新しい未来を表している」という。吉田氏は、「家族全員が有線・無線と言わず、さまざまなデバイスを活用して感動を共有する」という「新しい価値の提供」を実現するのが、NURO 光だとした。

発表会には、ソニー株式会社代表執行役社長兼CEOの平井一夫氏も駆け付けた
発表会では、タレントのすみれさん(左)、スポーツジャーナリストの中西哲生さん(中)、経済アナリストの森永卓郎さん(右)らによるトークショーも。中西さんは、NURO 光のような高速回線で高精細動画コンテンツが見られるようになることのメリットとして、ネット配信であってもサッカー中継で誰がゴールをしたか確認するのに背番号がはっきり読み取れるようになると期待を示した。森永さんは、クンロク(9600bps)時代からの進化に驚きを示す一方で、やはり高精細になることでAKB48の48人の顔がネット配信でもはっきり見えるのではないかとした

【記事更新 2013/4/16 13:25】
 G-PON方式についての説明部分を加筆しました。

(永沢 茂)