ニュース

JR東日本「My JR-EAST」にも不正ログイン、97アカウントが被害に

 東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)は17日、JR東日本グループが提供する各種会員サービスを利用できる「My JR-EAST」において、97アカウントに不正ログインがあったことを公表した。

 JR東日本によると、大手サイトの一連の不正ログインの事象を受けて調査を行ったところ、3月31日12時26分〜13時52分の間に、特定のIPアドレスからMy JR-EASTのログイン画面に対して、約2万6000件のアクセスがあったことを4月16日に確認。このアクセスにより、97アカウントに不正ログインされたことが判明した。

 該当アカウントについてはログインできない措置を実施し、該当ユーザーに対して連絡している。また、My JR-EAST以外のサービスについても、同様の不正ログインが発生していないか調査を進めているという。

 JR東日本では、不正ログイン防止の観点から、他のサービスで利用しているパスワードを使用しないことや、定期的にパスワードを変更すること、第三者が容易に推測できるパスワードを使用しないことなどを呼び掛けている。

 不正ログイン被害については、NTT東日本の「フレッツ光メンバーズクラブ」や、NTTレゾナントの「gooID」、イーブックイニシアティブジャパンの「eBookJapan」など、最近になって被害報告が相次いでいる。

(三柳 英樹)