ニュース

米AppleがMacBook Airをリコール〜SSDに問題、早急にバックアップを

 米Appleは17日、一部MacBook AirのSSDドライブに不具合があったとして、リコールを発表した。この機種を巡っては、起動できなくなるなど深刻な問題がネット掲示板などで報告されていた。該当するSSDドライブは無償交換される。

 自分のマシンが該当するかどうかはファームウェアアップデートによって確認できる。Appleは、該当するマシンではOSのアップデートや新規にアプリケーションのインストールを行わないように呼びかけている。また、ドライブ交換が行われるまでは、定期的にバックアップを取るよう勧めている。

 該当マシンはAppleリテールストア、Apple認定サービスプロバイダー、Appleテクニカルサポートに問い合わせを行うことで無償交換できる。ただし、データバックアップはユーザーの自己責任となるため、自分でバックアップを取る必要がある。

 米Appleによると、問題となっているのは2012年6月〜2013年6月の期間に販売された前の世代のMacBook Air(Mid 2012)で、64GBと128GBのSSDドライブ搭載機の一部だとしている。

 該当するマシンかどうかを確認するには、Mac App Storeからソフトウェアアップデートを行い、「MacBook Air Flash Storage Firmware Update 1.1」を適用する。該当する場合は、サポートページに必要な手順が表示される。

 リコールによるドライブ交換手続きは無料で受けられる。また、このトラブルのために以前に自費で修理を行っていた場合、Appleから払い戻しを受けることもできる。

 リコールとなったSSDのトラブルについては、Appleのディスカッションフォーラムで、米国でも日本でも多くのトラブルが報告されていた。起動ドライブが認識されないなど深刻なトラブルで、東芝製SSDドライブに問題があるのではないかと指摘されていた。

 この問題については、米テクノロジーブログArs Technicaがファームウェアアップデート1.1の中身を確認した結果、該当するのは東芝製の64 GBと128 GBのSSDドライブであると確認できたとして、証拠のスクリーンショットと共に報道している。

(青木 大我 taiga@scientist.com)