ニュース

就活生の8割がSNSで日常を「不特定多数に公開」〜トレンドマイクロ調査

 トレンドマイクロ株式会社は、Webアンケート調査「就活生と社会人のSNS利用とプライバシー意識に関する調査」で、8割を超える就活生がSNSで日常の出来事を不特定多数に公開していることがわかったと発表した。

 トレンドマイクロでは、2015年度に向け就職活動を実施予定の学生107名および社会人248名、計355名を対象として、2013年11月15日〜19日の5日間にわたってWebアンケートを実施した。対象者は、SNS(Facebook、Twitter、Google+ のいずれか)の利用者となっている。

 調査によると、就活生の8割以上、社会人は約5割が、日常の出来事を不特定多数に向けSNS上で投稿しており、就活生の投稿率の高さがわかる。また、1日にSNSに2回以上投稿を行う人の割合は、就活生では約6割、社会人は約2割と、就活生は社会人に比べ投稿回数も多いことがわかった。

メインで投稿しているSNSの投稿頻度

 「SNSに投稿する際に、どの範囲まで情報が公開されるかについて意識しているか」という質問に対しては、「意識していない」と回答した割合が社会人29.4%に比べて就活生35.5%と、就活生は情報公開への意識がやや低いことが伺える。

 就活生の約2人に1人は、知人・友人の写真をSNSに投稿した経験があると回答。対して社会人では約3割となっている。自分の写真が勝手に他人のSNSに投稿された経験のある回答者のうち、その行為を「不快」と感じた割合は、社会人は70.5%と7割を超えるが、就活生では58.5%にとどまった。

 調査では、社会人に比べ、就活生は、自分の情報・知人や友人の情報ともに、不特定多数に情報を公開することへの抵抗感が薄く、また情報公開への範囲を意識していない人の割合が35.5%に上る。

 また、インターネットの炎上問題では、「自分のまわりに炎上問題のリスクはない」とする就活生は53.3%で、社会人(45.2%)に比べて、全般的に就活生は社会人に比べて危機意識がやや薄いことが伺える。

アルバイトや従業員による炎上問題について、自分の周囲でもリスクがあると思うか

 調査したトレンドマイクロでは、SNSの利用にあたってプライバシー設定を正しく行わないと、不特定多数へ意図せず情報が公開されてしまうリスクがあるとして、「今後新社会人を迎える企業では、SNS利用に関する従業員向けの教育が必要と言える」と指摘している。

(工藤 ひろえ)