ニュース

スキーゴーグルに装着してウェアラブル端末化するHUD、Recon「SNOW2」発売

 株式会社美貴本は6日、カナダRecon Instruments製のヘッドアップディスプレイ「SNOW2」を日本国内で販売すると発表した。Scottなど4社から発売されているスキー用ゴーグルに装着することで、14インチ相当の仮想画面を1.5m先の中空で視認できる状態にする。画面には、スピード、高度、ナビゲーション情報などを表示可能。2月10日発売予定で、想定販売価格は5万2500円。

「SNOW2」本体部。バッテリー部も別途ある

 Androidベースの独自プラットフォーム「ReconOS」を採用した多用途端末。別売のReconReadyゴーグルの内部に取り付け、頭部に装着して使う。装着状態でも上下84度の範囲で視野が確保されているという。画面解像度はWQVGA(428×240ドット)。ハイカラー16ビット表示に対応する。

 GPS、3軸加速度計、3軸ジャイロスコープ、3軸磁力計、温度センサー、気圧センサーを内蔵。スキーの滑走スピードや高度を計測し、画面に表示できる。また、GPSとゲレンデ情報の連携により、簡単に滑走コースを探し出す機能も提供される(対応ゲレンデのみ)。

 操作は付属のリモコンで行う。また、IEEE 802.11b/g/nおよびBluetooth 4.0に対応しており、周辺機器との接続が可能。スマートフォン(iOS/Android)と接続した場合は、通話通知やSMSを表示したり、音楽再生コントロールも行える。

 内蔵プロセッサはTI OMAP 4 dual-core ARM Cortex A9(1.0GHz)、RAMは1GB、フラッシュメモリの容量は2GB。内蔵バッテリー(1200mAh)で最長約6時間の連続動作が可能としている。本体重量は65g。防水仕様で、動作温度範囲は-20度〜30度。

利用イメージ
データ表示例
別売ゴーグルに装着して使う
リモコンも防水仕様。ボタンが大きいため、グローブを付けたままで操作可能

(森田 秀一)