ニュース

さくらインターネット、レンタルサーバーに国外IPフィルタ設定を適用

 さくらインターネット株式会社は10日、レンタルサーバーサービス「さくらのレンタルサーバ」「さくらのマネージドサーバ」「さくらのメールボックス」において、海外から多発する不正なアクセスを防ぐため、国外IPアドレスからのアクセスを制限する「国外IPフィルタ設定」機能の提供を3月13日から順次行うと発表した。

 提供開始時の「国外IPアドレスフィルタ」はデフォルト設定で有効となっており、必要に応じて無効化することもできる。適用開始は3月13日〜19日で、ユーザーごとに作業日時が異なる。詳細についてはメールで通知する。

 制限範囲は、FTP、SSH、SMTP(SMTP認証、POP before SMTP時)、WebDAVと、HTTPおよびHTTPSのうち「/wp-admin/」「/phpmyadmin/」「wp-login.php」「mt.cgi」「admin.cgi」「php.cgi」などのアドレス。HTTPとHTTPSの詳細な適用範囲については、機能提供後、オンラインマニュアルで案内する。

(三柳 英樹)