ニュース

スマホは我々からどのような時間を奪ったのか――ジャストシステムが調査

テレビ、雑誌、新聞、パソコン……

 株式会社ジャストシステムは17日、10代〜60代のスマートフォンユーザー960人(各年代160人)を対象に実施した「スマートフォンとライフスタイルの変化に関するアンケート」の結果を発表した。

 メディアの視聴状況の変化について、スマートフォンを利用する前と比べて「雑誌を見る時間」が減ったと回答した人は40.8%(「すごく減った」「あきらかに減った」「少し減った」の合計、以下同じ)。年代別でこの割合が最も高かったのは50代で、48.7%に上る。

 「テレビを見る時間」は全体の34.9%。年代別では10代が49.4%で最多だった。「新聞を読む時間」は全体のは32.6%で、年代別では50代が39.3%で最多。

 このほか、「ラジオを聞く時間」が全体の28.8%、「パソコンの利用時間」が全体の27.7%。パソコンについては、10代(31.9%)、30代(31.3%)、40代(31.3%)が3割超え。

 ただし、いずれのメディアも「どちらともいえない」が半数弱〜6割強と、大多数を占めている。

 そんな中、「パソコンの利用時間」については、スマートフォン利用前と比べて増えたとした人が23.9%(「すごく増えた」「あきらかに増えた」「少し増えた」の合計)あり、他のメディアと比べて突出している(他はいずれも10%未満)。

 調査は、ジャストシステムが提供するセルフ型ネットリサーチサービス「Fastask」を使って12月9日・10日に実施したもの。集計データをまとめたレポートは、Fastaskのサイトで連絡先などを入力することでPDFでダウンロードできる。

(永沢 茂)