ニュース

「3.11」と検索した人1人につき10円を寄付、Yahoo! JAPANが検索チャリティー実施

 ヤフー株式会社(Yahoo! JAPAN)は11日、チャリティー「Search for 3.11」を実施する。同日0時〜23時59分にYahoo! JAPANで「3.11」というキーワードを検索すると、検索した人1人につき10円が、Yahoo! JAPANから東日本大震災の復興支援団体などに寄付される仕組み。

※これは「Search for 3.11」のイメージ画像です。「検索」の部分をクリックしても、画像が拡大表示されるだけであり、Yahoo! JAPANのサイトにジャンプするわけではありません。「3.11」を検索する際は、Yahoo! JAPAN(http://www.yahoo.co.jp/)の検索窓から行ってください

 検索エンジンで「3.11」と検索すれば、当然ながら東日本大震災に関する情報を目にすることになる。これにより、時間の経過とともに薄れていく当時の記憶や被災地への想いを取り戻してもらうのが狙いだ。検索結果ページでは、「3.11」というキーワードによる通常の検索結果に加え、上部には「Search for 3.11」の特設ページや復興支援特集ページへのリンクなどが表示される。

 「Search for 3.11」特設ページでは、東日本大震災に関する4年間の検索データを可視化し、人々が震災についてどのように調べてきたのかを振り返る動画などを公開する。

 「東日本大震災から4年、未来への現在地」と題した復興支援特集ページでは、宮城県石巻市、岩手県山田町、福島県相馬市の状況を写真で振り返り、生産者やボランティアの現在について伝えるコンテンツを掲載する。

「Search for 3.11」特設ページ

 Yahoo! JAPANは、「Search for 3.11」を昨年の3月11日に初めて実施。その際、同社が拠出する寄付金額について当初、検索者数50万人に相当する500万円の上限を設定していたが、チャリティー当日に256万8325人が「3.11」と検索。Yahoo! JAPANでは上限額を取り払い、検索した全員分の2568万3250円を寄付することにした(検索者数は、ユニークブラウザー数で算出)。

 Yahoo! JAPANでは今年も「Search for 3.11」を実施するにあたり、「1人でも多くの方に、検索を通して被災地へ想いを寄せていただきたい」としている。

(永沢 茂)