ニュース

「Adobe Acrobat/Reader」のセキュリティアップデート公開

 米Adobe Systemsは8日、Windows/Mac OS用のPDFソフト「Adobe Acrobat/Reader」のセキュリティアップデートをリリースした。最新バージョンは、Acrobat DC/Acrobat Reader DCのContinuous Trackが「15.010.20060」、同Classic Trackが「15.006.30121」、Acrobat XI/Adobe Reader XIが「11.0.15」。

 CVE番号ベースで3件の脆弱性を修正している。危険度のレーティングは、4段階中で最も高い“critical”。アップデートの適用優先度は、3段階中で2番目となる“Priority 2”で、「近い将来に(例えば30日以内)適用すること」が推奨されている。

 一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)によると、この脆弱性を悪用したコンテンツを開くと、リモートからの攻撃によってAdobe Acrobat/Readerが不正終了したり、任意のコードを実行されたりする恐れがあるとしている。

(永沢 茂)