記事検索
バックナンバー
【2016年】
【2015年】
【2014年】
【2013年】
【2012年】
【2011年】
【2010年】
【2009年】
【2008年】
【2007年】

やじうまWatch

噂あり、未確認情報ありのやじうまWatch。
リンク先の記事などがすでに消失していることもありますが、あらかじめご了承ください。

これがジョブズ特番の集大成? NHKスペシャルのジョブズ特集、明日放送 ほか

【2011/12/22】

これがジョブズ特番の集大成? NHKスペシャルのジョブズ特集、明日放送

 今年は例年になく著名人の死去が話題になることが多かった印象があるが、そんな中でもネットユーザーをはじめ多くの人々が悲しみにくれたのが、Apple前CEOスティーブ・ジョブス氏の死去。長い闘病生活が伝えられながら、iPad 2の発表会などをはじめとするイベントではサプライズ登壇して健在をアピールしてきただけに、悲しみもひとしおだった。訃報が伝えられてからは何度となくテレビでも特番が組まれてきたが、その集大成とも言えるNHKスペシャルが、明日23日(金)の夜10時から放映される。タイトルは「世界を変えた男 スティーブ・ジョブズ」で、ベストセラーになった伝記の著者であるウォルター・アイザックソン氏もコメントを寄せている様子だ。さきに放送された「クローズアップ現代」とはまた違った切り口ということで大いに期待できる。心して放映を待ちたい。

◇NHKスペシャル 世界を変えた男 スティーブ・ジョブズ(NHK)
http://www.nhk.or.jp/special/stevejobs/

 

(tks24)

 

ポイントは透過ディスプレイ? IT企業各社が描く「未来予想図」の動画

 我が社の製品を使うと生活がこんなに豊かになります、というアピールはどのメーカーでも広告や販促の一環として行なっているが、IT系メーカーが描く「我が社の製品も含めて10年、20年後の世界はこうなっています」という未来予想図は、どれもスタイリッシュに描かれていて面白い。例えばMicrosoftが公開している最新の動画では、すでに現在主流になりつつあるタッチスクリーンに加えて、透過型の名刺サイズディスプレイカードや透過モニターが用いられているし、NTTドコモが公開している動画では、やはり透過スクリーンや空間への映像投影によって、距離を感じさせないコミュニケーションが実現している様子が描かれている。SAMSUNGを含めたこれら3社に共通しているのは、透過ディスプレイにかなりのウェイトが置かれているということだ。映像的に映えるという理由はあるにせよ、独立して作られたこれら動画に共通項があるのがなかなか面白い。各社のこれら「未来予想図」のムービーは、YouTubeなどで見ることができる。

◇Productivity Future Vision (2011)(YouTube)
http://www.youtube.com/watch?v=a6cNdhOKwi0
◇NTT DOCOMO Vision 2020 Culture Symphony(YouTube)
http://www.youtube.com/watch?v=Z4jO6mrzk9I
◇SAMSUNG Future Life and Style WMV 90segs(YouTube)
http://www.youtube.com/watch?v=1nKFW-lDNK8

 

(tks24)