記事検索
バックナンバー
【2016年】
【2015年】
【2014年】
【2013年】
【2012年】
【2011年】
【2010年】
【2009年】
【2008年】
【2007年】

やじうまWatch

噂あり、未確認情報ありのやじうまWatch。
リンク先の記事などがすでに消失していることもありますが、あらかじめご了承ください。

なるほどこんな事情が……iPhoneがテレビCMで「アイフォーン」と呼ばれる理由 ほか

【2012/2/17】

なるほどこんな事情が……iPhoneがテレビCMで「アイフォーン」と呼ばれる理由

 Googleアドセンスでは、アップル以外の第三者は「iPhone」という表記は使えず、大文字と小文字を微妙に変化させたり、iとPの間にスペースを入れるなどしている。一見すると綴りのミスにも思えるこの表記は、商標権を持っている当事者以外はその商標を使用できないというルールによるものだ。これに近いものとして、iPhoneのテレビCMではなぜか「アイホン」ではなく「アイフォーン」と音を伸ばして発音されるという事例がある。これはアップルではなくアイホン株式会社の登録商標だからという理由によるもので、これらの事情を知財の観点から説明したコラムが、Twitterを中心に話題になっていた。もともとは企業などで商標を扱う人向けに書かれた内容だが、身近な分野だけに関心をもつ人も多く「iPhoneの商標がどっかに取られてるってのは聞いたことあったけど、こうなっていたのか」などとコメントが寄せられていた。整理されていて読みやすいので、興味のある人は一読してみるとよいだろう。

◇商標登録手数料31500円 ―iPhoneはなぜ、アイフォーンか?(マイベストプロ東京)
http://mbp-tokyo.com/win-pat/column/8581/
◇商標ブロックされているキーワードでも太字で表示するテクニック(リスティング広告相談所)
http://www.fifty-one.net/2011/07/blog-post_18.html
◇アップル商標および著作権使用に関するガイドライン(アップル)
http://www.apple.com/jp/legal/trademark/guidelinesfor3rdparties.html

(tks24)

バレンタインデーに24時間サーバーを停止させたゲームサイト、その訳は?

 とある理由で、2月14日にサーバーを24時間休止したゲームサイトが「らばQ」で紹介されていた。決してアクセス過多で回線がつながらなくなったわけではなく、その理由は「バレンタインデーだから」というもの。ユーザーがゲームに没頭していると彼女を一日中放ったらかしにしかねないため、サーバーを止めてゲームから解放されることで、彼女と一緒にバレンタインデーを過ごしてほしいという、気が利いているのかそうでないのかよくわからない配慮だ。バレンタインデーに合わせて「NEWラブプラス」を発売した日本とは発想のレベルで違っているこの一件だが、もともとメンテナンスの必要があったのをこの日に設定し、うまく後付けで理由を考えただけではないかとの指摘もある。ともあれこうしてニュースになることで、いままで知らなかったこのゲームの名前を目にした人も多かったはず。サーバーのメンテと宣伝効果をかねて、ひとまずは大成功といったところだろう。理由を変えれば、さまざまな場面で応用が効きそうだ。

◇海外のゲームサイトが24時間サーバー休止した理由「バレンタインに彼女をほっとくな」(らばQ)
http://labaq.com/archives/51730260.html

(tks24)