ニュース

7000円で2.4GHz帯が600Mbps、11ac対応Wi-Fiルーター「RT-AC59U」、ASUSのエントリーモデル

 ASUS JAPAN株式会社は、IEEE 802.11ac対応のWi-Fiルーター「RT-AC59U」を10月25日に発売する。予想実売価格は7000円前後(税別)。

 4本の外付けアンテナを搭載し、最大転送速度は5GHz帯接続時が867Mbps、2.4GHz帯接続時が600Mbps。MU-MIMOとビームフォーミングにも対応。CPUにはQualcomm QCN5502(クアッドコア、775MHz)、メモリはDDR3 128MBを搭載する。

 同社製品では初めて初期設定用のQRコードを製品底面に添付。このほか、Android/iOS向けの「ASUS Router」アプリ、ウェブブラウザーのいずれからでも、簡単に初期設定が行えるのが特長。

 ASUS Routerでは、各種設定が行えるほか、トラフィックやWi-Fiへの接続状況を表示できる。また、インターネットにつながらないときにネットワークを診断する機能なども備える。

 ルーターの機能面では、子どものスマートフォンやPCのネットワーク接続時間を制限できるペアレンタルコントロールやVPNサーバー機能も備える。

 本体カラーは同社製品では数少ないホワイトで、壁掛けにも対応。ブラックモデルもAmazon.co.jp限定で販売する。背面にはWAN×1、LAN×4、USB 2.0×1の各ポートを装備。本体サイズは192×125×30mm(幅×奥行×高さ)、重量348g。

【お詫びと訂正 12:40】
 記事初出時、フィルタリング機能に関する記載内容に誤りがありました。お詫びして訂正いたします。

誤:子どものスマートフォンやPCのネットワーク接続時間を制限できるペアレンタルコントロールや、URL、ネットワークサービスのフィルタリング機能、VPNサーバー機能も備える。

正:子どものスマートフォンやPCのネットワーク接続時間を制限できるペアレンタルコントロールやVPNサーバー機能も備える。

Amazonで購入