Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

警察庁発表、「BlasterウイルスによるDoS攻撃の影響は見られない」


 警察庁は、BlasterウイルスによるDoS攻撃について、16日午前2時にその影響は見られないとの報告を発表した。

 Blasterウイルスは16日以後に起動するとwindowsupdate.comというドメイン名で示されるIPアドレスへのDoS攻撃を行なうようプログラムされている。警察庁によれば、このwindowsupdate.comというドメイン名からIPアドレスを取得するのに必要なデータをマイクロソフトがDNSから削除し、Blasterウイルスが攻撃先のコンピュータを特定できない状況になっていることが、影響が見られない理由と推定されるという。DoS攻撃によるインターネット全体への影響はほぼ心配なくなったと言えるだろう。

 ただし、Blasterウイルスの感染活動は依然として継続しているため、警察庁では引き続きウイルスの駆除と感染予防を呼びかけている


関連情報

URL
  いわゆる「Blasterワーム」の攻撃活動について (続報)
  http://www.cyberpolice.go.jp/important/20030816_020142.html

15日のBlasterウイルス関連情報〜JCERT/CCほか(2003/08/15)
爆発的流行の兆し? Blasterウイルス対策マニュアル(2003/08/13)
Windowsの脆弱性を攻撃するウイルス、国内で流行中〜対策リンク集(2003/08/12)


( 鷹木 創 )
2003/08/16 13:55

- ページの先頭へ-

Internet Watch ホームページ
Copyright (c) 2003 Impress Corporation All rights reserved.