Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

ソフォス、感染しないMacユーザーも「Sobig.F」に迷惑していると報告


 英国のウイルス対策ベンダーであるSophosは21日、感染拡大が報告されているウイルス「Sobig.F」に関する苦情を、多くのMacintoshユーザーが寄せていると報告した。

 Sophosによると、MacintoshはSobig.Fの添付ファイル等から直接感染することはないが、感染したWindowsユーザーが送信してくるSobig.Fを多数受け取っているという。中には、プライベート用のメールアドレスで6,000通以上のSobig.Fを受け取り、メールボックスがパンクあるいは送受信不能の状態に陥っているケースも報告されているとのこと。

 また、メールゲートウェイがSobig.Fをブロックしていない場合には、ユーザー自身がウイルスメールを削除しなければならないほか、ブロックしている場合でも自動応答メールを大量に受け取る苦痛を味わっているユーザーも多いという。そのほかにも、Sobig.Fが差出人メールアドレスを詐称するため、メールゲートウェイから送られてくる警告メールによって、Macユーザーにもかかわらず「感染しているのではないか」という不安を抱いてしまうユーザーも現れていると報告した。


関連情報

URL
  ニュースリリース(英文)
  http://www.sophos.com/virusinfo/articles/sobigmac.html

「Re: Details」や「Re: That movie」などには要注意〜Sobig亜種が氾濫(2003/08/20)
Sobig.Fウイルスの成長率は過去最悪の可能性(2003/08/21)
「Sobig.F」が9月11日以降大規模攻撃を始める可能性(2003/08/22)


( 大津 心 )
2003/08/22 17:44

- ページの先頭へ-

Internet Watch ホームページ
Copyright (c) 2003 Impress Corporation All rights reserved.