Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

WinnyやWinMX利用者の58%がADSLを利用している〜ネットアーク調査

〜調査結果をIPアドレスデータベースと連動させノードの回線種別を解析

 ネットアークは1日、P2Pファイル交換ネットワーク調査結果の最新状況を発表した。調査によると、9月1日時点での「Winny」と「WinMX」利用者数は1,184,873ノードに達した。

 調査は、ネットアークの独自システム「P2P FINDER」を利用して行なわれている。P2P FINDERは、P2Pファイル交換ソフトであるWinnyとWinMXを対象に自動的にノードを探索するもの。今回の調査では、より詳細なノード解析を行なうため、新たにサイバーエリアリサーチ株式会社のIPアドレスデータベースと連動した調査を行なったという。

 IPアドレスデータベースと連動することによって、P2P FINDERが取得したIPアドレスから、国籍や地域(都道府県・市外局番)、回線種別(ダイヤルアップ、ISDN、ADSLなど)、利用ISPなどを関連付けることが新たに可能になった。今回の調査では、ノードと回線種別分布を解析・公開している。

 解析によると、WinnyやWinMXのノードの77%以上が動的にIPアドレスが変化するISPなどの商用ネットワーク上に分布しており、ファイル交換活動は時系列に沿って変化していることが判明したという。回線種別の割合は、ADSLが最も多く、557,655ノードで全体の58%、2位のCATVが87,828ノードで9%、3位FTTHが73,259ノードで8%、4位フレッツISDNで2%、5位ダイヤルアップで1%となっており、ADSLが半数以上を占めているほか、約8割が常時接続環境であることがわかった。

 今回の発表では、利用している国籍や地域などは公開されなかったが、ネットアークは今後もさらにP2Pノード探索能力を増強するとともに、新たな調査手法を開発し、P2Pファイル交換ネットワークの動向把握に努めていくとしている。


ネットアーク調査による「P2Pファイル交換ノード」の回線種別グラフ。ADSLが半数以上であることがわかる

関連情報

URL
  ニュースリリース
  http://www.netarc.jp/doc/20030714p2p.html
  ネットアーク
  http://www.netarc.jp/
  サイバーエリアリサーチ
  http://www.arearesearch.co.jp/
  関連記事:ネットアーク、P2Pノードの自動探索システムを稼働
  http://internet.watch.impress.co.jp/www/article/2003/0714/netarc.htm

ネットアーク、8月1日時点でのWinnyとWinMXの利用者数は56万ノード(2003/08/04)


( 大津 心 )
2003/09/01 15:05

- ページの先頭へ-

Internet Watch ホームページ
Copyright (c) 2003 Impress Corporation All rights reserved.