Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

米Roxio、1年以内に日本向けにNapster事業開始

〜現在、邦楽の提供に向けてレコード会社と交渉中の段階

Napster部門社長兼COOのMichael Bebel氏
 米Roxio社のNapster部門社長兼COOであるMichael Bebel氏が来日し、記者向けの事業説明会を開催した。説明会の中で同氏は、日本でも「Napster 2.0」のサービスを1年以内に開始すると発表した。

 NapsterはRoxioがブランドなどを買収し、合法的な有料音楽配信サービスとして米国で10月29日よりサービスを開始したばかり。新サービスでは1曲99セントのシングル販売や、1枚9ドル95セントのアルバム販売、インターネットラジオなどのサービスが利用し放題の有料会員サービスが用意されている。楽曲は50万曲用意されており、30秒間の視聴をしてから購入することができる。Bebel氏は、「サービス開始1週間で、30万曲以上を販売した。また、有料会員サービスには数千人単位が登録し、200万曲をストリームまたはダウンロードしている。有料会員は今年中に8万人を超えるだろう」と好調さをアピールした。

 Napster 2.0では、親会社であるRoxioの技術やユーザーのアンケート結果を基にしたインターフェイス開発に注力し、使いやすさを追求したという。「Napster 2.0を利用するユーザーの多くは特定のアーティストを決めてから、当社のWebサイトを訪れている。したがって、Webサイトに来て最初に行なうのは、そのアーティスト名を入力して検索することだ(Bebel氏)」という調査結果から、アーティスト名を入力した際に「ダウンロード数の多い人気楽曲」を1番上に表示し、続いて「アルバム収録順」や「発表年順」に並べていく工夫をしたという。

 米国では、すでにWindows Media Player 9向けのプラグインや、Napster 2.0を搭載したWindows Media Center Editionを販売しているほか、韓国Samsung社からはNapster 2.0でダウンロードした楽曲をシームレスに取り込めるHDDポータブルプレイヤー「THe Samsung Napster Player」も販売している。ただし、現状これらのサービスは米国在住者しか利用できない。

 Bebel氏は、日本でのサービス展開について「1年以内にNapster 2.0と同様のサービスを開始する」と明言。サービス内容については、「有料音楽配信サービスでは“自分の馴染みの曲”があることが必須条件だ。したがって、日本でサービスを提供するためには、邦楽をダウンロードリストに入れることが必須事項だと考えている。現在は、日本のレコード会社と版権について交渉中」だと説明した。

 また、ヨーロッパについても「ヨーロッパのどの国で開始するかは検討中だが、日本と同様に1年以内にサービスを開始したい」と語ったほか、Microsoftが音楽配信サービスを開始することについては、「Microsoftの音楽配信サービスは、1曲や1アルバム単位での販売しか行なわない。Napsterではダウンロードし放題の有料会員サービスも提供しているため、必ずしも競合しないのではないか。今後もMicrosoftとは協力関係を維持していきたい」とコメントした。


韓国Samsung社のNapster 2.0向けHDDポータブルプレイヤー「THe Samsung Napster Player」 Napster 2.0を搭載したWindows Media Center Editionの画面

Napster 2.0で楽曲をダウンロードしているところ Napster 2.0の有料会員専用サービスであるオンラインラジオ

Billboardチャートも過去20年間さかのぼって表示することが可能だ

関連情報

URL
  Napster
  http://www.napster.com/

関連記事
米Roxioがついに「Napster 2.0」サービスを開始(2003/10/30)
Napster、15ダウンロード分のプリペイドカードを発売(2003/10/28)
「Napster 2.0」が10月29日からスタート〜ベータ版も配布中(2003/10/10)


( 大津 心 )
2003/11/25 18:18

- ページの先頭へ-

Internet Watch ホームページ
Copyright (c) 2003 Impress Corporation All rights reserved.