Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

京都府警、個人情報11人分が含まれた捜査書類をネットで漏洩

〜Winny経由で感染するウイルスが原因とする説も

 京都府警は29日、捜査関係書類をインターネット上で漏洩していたと発表した。

 ネット上で閲覧できる状態になっていた捜査情報は、現在確認されているものだけで捜査報告書、鑑定嘱託書、指名手配書の3種類19件。20名分の名前が記載されており、そのうち11名については実在の人物だった。府警では、対象となった人物に順次連絡をとり、経緯を説明するという。なお、現時点では個人情報漏洩による二次被害の報告はないとしている。

 京都府警によれば、26日午前に「他県の男性から『インターネットに警察情報が流れている』と届け出があった」という。その後の調査で、下鴨警察署交番勤務の男性巡査が所有する私物のノートPCで2002年に作成されたファイルが、ネットで閲覧できる状態になっていたことが判明。巡査は、交番ではインターネットに接続できないが、自宅ではネットに接続していた。府警では、「巡査が作為的にファイルを公開した可能性もあるが、ウイルスや不正アクセスの可能性も否定できない」と述べ、今後も調査を継続する。

 なお、一部では、P2Pソフト「Winny」を経由して感染するウイルスが原因とする説もあるが、京都府警では「原因は調査中」とし、コメントを控えている。

 府警の内規によると、私物のPCを公務で使用する場合、所属長に申請して登録する必要がある。個人情報は、ハードディスクへの記録が禁じられており、署外への持ち出しも許可が必要だ。「巡査は、個人情報をハードディスクに記録した時点で、内規に違反している」(京都府警総務課)とし、内規を徹底するよう全署に向けて再度通達したという。


関連情報

URL
  京都府警
  http://www.pref.kyoto.jp/fukei/

関連記事
アッカ、個人情報漏洩で記者会見を開催。経営陣ら陳謝(2004/03/25)
京都府警、ファイル交換ソフト「Winny」ユーザー2名を逮捕(2003/11/27)


( 鷹木 創 )
2004/03/29 13:04

- ページの先頭へ-

Internet Watch ホームページ
Copyright (c) 2004 Impress Corporation All rights reserved.