Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

警察庁、個人情報を不正に引き出す“フィッシング”詐欺に注意呼びかけ


 警察庁は、“フィッシング(phishing)”と呼ばれる詐欺による被害が今後、日本でも予想されるとして注意を呼びかけている。

 フィッシングとは、銀行などの企業からのメールを装い、偽のWebサイトに誘導してクレジットカード番号やID、パスワードなどを入力させることで、個人の金融情報を引き出す詐欺の手口。欧米を中心に被害が広まっているという。警察庁では、不自然なかたちで金融情報を聞き出そうとするメールに対しては、実際に企業のWebサイトや窓口に問い合わせて確認するよう注意を促している。

 このほか警察庁では、アダルトコンテンツ利用料などの架空請求メールについても昨年から相談が多数寄せられているとして、身に覚えのない請求について、メールの送信元に問い合わせたり、金銭を振り込むことのないよう呼びかけている。相手側に情報を伝えてしまった場合、今後も同様の請求を受けたり、恐喝される場合があるとしている。


関連情報

URL
  いわゆる「フィッシング」事案への注意喚起について
  http://www.npa.go.jp/cyber/chuikanki/160604_1.htm
  「架空請求メール詐欺」事案への注意喚起について
  http://www.npa.go.jp/cyber/chuikanki/160604_2.htm

関連記事
個人情報を引き出す“フィッシング”詐欺の成功率は3%〜米Gartner調査(2004/05/07)


( 永沢 茂 )
2004/06/07 14:32

- ページの先頭へ-

Internet Watch ホームページ
Copyright (c) 2004 Impress Corporation All rights reserved.