Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

Yahoo!とGoogleの検索結果の一致率は約18%〜ECジャパン調査


 ECジャパンは4日、第3回の検索エンジン調査レポートを公表した。5月末にYahoo! JAPANが新しい検索エンジンであるYST(Yahoo! Search Technology)を採用したことに伴う調査で、GoogleとYahoo! JAPANで同じ単語を検索した結果の一致率は約18%としている。

 ECジャパンが行なった調査は、GoogleとYahoo! JAPANのそれぞれに対して、2003年の国内での人気検索フレーズ1,000語をWeb全体から検索し、検索結果として表示された上位50位までのURLとキーワード広告について解析、数値化を行なったもの。調査期間は2004年6月の1カ月間。

 調査によれば、GoogleとYahoo! JAPANの検索結果上位50位のうち、同一のURLが表示される割合は約18%という結果となった。MSNなどが採用しているInktomiとGoogleを比較した2004年1月の調査では、両者の検索結果の一致率は約16%となっている。検索結果として表示されるページのうち、CGIなどによって動的に生成されるページ(URLに「?」を含むページ)の割合は、Googleが7.7%、Yahoo! JAPANは8.3%といずれも低い傾向にあるものの、1月の調査に比較するとGoogleでは動的ページの割合が上昇しているという。

 6月14〜15日に行なったキーワード広告についての調査では、1,000語の検索フレーズのうち、キーワード広告が表示される割合はGoogleが43.9%、Yahoo! JAPANが47.1%で、Yahoo! JAPANの方が広告が表示される割合がやや高くなっている。また、Yahoo! JAPANの検索結果で表示されるページがキャッシュされた日付の調査では、7日以内にキャッシュされたURLが全体の15.6%を占め、30日以内にキャッシュされたURLでは全体の51.1%に達している。


関連情報

URL
  ニュースリリース
  http://www.ecjapan.jp/news/r_040804.htm

関連記事
ECジャパン、ヤフーのYSTにも対応した検索マーケティング診断サービス(2004/06/29)
Yahoo! JAPAN、検索エンジンをGoogleから独自技術に移行(2004/05/31)


( 三柳英樹 )
2004/08/04 19:24

- ページの先頭へ-

Internet Watch ホームページ
Copyright (c) 2004 Impress Corporation All rights reserved.