Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

企業ドメインのホスティング先、1位はOCN〜NS総研調査


 ネットアンドセキュリティ総研(NS総研)は17日、レンタルサーバー事業者が管理する「.co.jp」ドメインのシェア動向に関する調査結果を発表した。

 調査は、国内約20万件の.co.jpドメインに関して集計を行なったもので、最も多く.co.jpドメインを管理している事業者はOCNで、ドメイン数は18,978件、全体の9.36%を占めている。2位はGMOの15,182件(7.49%)、3位はKDDIの8,510件(4.20%)、4位はNTT-PCの8,066件(3.98%)、5位はファーストサーバの7,662件(3.78%)となっている。2004年2月に行なった同様の調査との比較では、KDDI、SRSさくらインターネット(4,450件)、ジェーネットステーション(1,987件)がシェアを伸ばしている。

 また、調査では各事業者について「新規に獲得したドメイン」「他社から移ってきたドメイン」「他社に流出したドメイン」の数から、今後のシェア予測を算出。NS総研では、今後シェアを伸ばす可能性がありそうな事業者として、インフォマニア、GMO、OCNの3社を挙げている。


関連情報

URL
  ニュースリリース
  http://shop.ns-research.jp/p-rts02.shtml

関連記事
NS総研、co.jpドメイン23万件の実態データベース発売(2004/03/08)


( 三柳英樹 )
2004/08/19 13:15

- ページの先頭へ-

Internet Watch ホームページ
Copyright (c) 2004 Impress Corporation All rights reserved.