Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

ソフォス、Webカメラで監視や盗聴するウイルス「Rbot-GR」を警告


 ウイルス対策ベンダーであるSophosは23日、マイクロソフト製品の脆弱性を利用し、PCへ侵入を試みるウイルス「Rbot-GR」を警告した。同社によると、PCへ侵入後、Webカメラを利用した監視や盗聴を行なう可能性があるという。

 Rbot-GRは、トロイの木馬型ウイルス。マイクロソフト製品の脆弱性を悪用することでPC内にトロイの木馬をインストールし、感染したマシンをコントロールするという。ソフォスによると、PCにWebカメラやマイクが接続されている場合、悪意ある攻撃者がそれらのデバイスを乗っ取って、監視や盗聴を行なう可能性もあるとしている。

 またトロイの木馬がインストールされたPCは、攻撃者がリモートから簡単にアクセス可能になる。したがって、ハードディスク内に保存しているパスワードなどの個人情報も漏洩する可能性があると同社は指摘している。

 ソフォスは対策として、利用しているウイルス対策ソフトやパーソナルファイアウォールを最新版にアップデートするように推奨しているほか、もし疑わしいWebカメラやマイクがある場合は使用しないように警告している。


関連情報

URL
  ニュースリリース(英文)
  http://www.sophos.com/virusinfo/articles/webcam.html
  ソフォス「Rbot-GR」
  http://www.sophos.co.jp/virusinfo/analyses/w32rbotgr.html

関連記事
2004年の流行ウイルスの70%が1人の少年が作成したもの〜Sophos報告(2004/07/30)
ウイルス「Sasser」が1位に〜ソフォスの2004年上半期ランキング(2004/07/27)


( 大津 心 )
2004/08/25 13:44

- ページの先頭へ-

Internet Watch ホームページ
Copyright (c) 2004 Impress Corporation All rights reserved.