Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

Gmailをネットワークストレージに改造するプログラムが公開される


 米Googleの無料Webメールサービス「Gmail」は、1GBという大容量のメール保存スペースを提供することで大きな話題となったが、ある利用者がGmailをネットワークストレージに利用できるようにするプログラムを公開したことで話題を呼んでいる。

 このプログラムは、Pythonで書かれた「Gmail Filesystem」というアプリケーションで、Gmailのメール領域をLinuxから利用可能なファイルシステムとして認識させる。これにより、GmailアカウントがLinuxで利用できるネットワークストレージとなる。プログラムが公開されているページでは、Gmail FilesystemにコピーしたWebブラウザ(Firefox)を起動しているスクリーンショットが掲載されている。

 作者は、Gmail Filesystemはまだバージョンが0.2と若くバグが多いことと、暗号化されていないためにセキュリティが無いことから、Gmail Filesystemでは重要なファイルを保存しないように強く警告している。

 Gmail Filesystemのようなアプリケーションの利用が、Gmailの利用規約に違反するのかどうかはまだ明確に明らかになっていない。この件についてGoogleに問い合わせたところ、同社は現在株式公開後の発言自粛期間にあたり当局からコメントを規制されているため、見解を聞くことはできなかった。しかし、GoogleがGmail Filesystemの利用を禁止するだろうとの見方を表明する外野の人々は多い。

 その一方で、Gmail Filesystemのアイディアに触発されて、早くもYahoo! MailやMSN Hotmailなどでも同じことができるのではないかという議論もあり、Gmail以外のWebメールをネットワークストレージにするアプリケーションが登場するのも時間の問題かもしれない。そうなれば1GBを超える大容量Webメールを無料で提供するというビジネスモデルにも大きな影響を与えかねず、今後の成り行きが注目される。


関連情報

関連記事
米Google、無料Webメールサービス「Gmail」のベータ版〜容量は1GB(2004/04/01)


( 青木大我 taiga@scientist.com )
2004/09/01 12:48

- ページの先頭へ-

Internet Watch ホームページ
Copyright (c) 2004 Impress Corporation All rights reserved.