Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

MPAA、映画の違法ファイル交換を行なう個人に対する大規模訴訟を準備


 全米映画協会(MPAA)は4日、ファイル交換サービスによって違法に映画を入手または配布している個人に対する訴訟を開始すると発表した。

 MPAAの発表によると、同協会の会員企業が11月16日より、違法にファイル交換を行なっている米国の個人を相手どって民事訴訟を開始するという。米著作権法に基づいて損害賠償と差し止め命令を求めるもので、違法にダウンロードあるいは配布された映画1本あたり最高で3万ドルの損害賠償を請求する。さらに、その行為が故意によるものであることが証明された場合には1件あたり最高で15万ドルを請求するとしている。

 MPAAのDan Glickman社長兼CEOは、「我々の映画を盗んでいる人々はインターネット上で匿名であると信じており、自分たちの行為の責任を問われることはないと信じているようだが、彼らは間違っている。我々は、彼らが誰であるかを知っているし、この訴訟が証明するように彼らの責任を問うことになる」とコメントした。

 MPAAでは、海賊版の映画DVDなど、いわゆる“ハード”による損害額は年間35億ドルに上ると推計している。しかしこの中には違法なファイル交換によって生じる損害額は含まれていないため、その損害額はさらに大きくなると推定している。

 MPAAの発表に際してカリフォルニア州知事のアーノルド・シュワルツネッガー氏も賛同のコメントを寄せ、「映画業界はカリフォルニアの経済成長に計り知れない貢献をした。それはまた私自身の夢をかなえるのを助けてくれた。我々は違法な映画の海賊行為を続けさせることはできない。もしそうするなら、それはこの重要な業界をむしばみ、カリフォルニア経済に深刻な打撃を与えることになるだろう。我々は、映画や音楽の違法なダウンロード行為が間違っており、重大な結果になることを子供たちに教えなければならない」とコメントした。

 MPAAは、訴訟を行なう一方で、会員企業が合法的な映画ダウンロードサービスを推進していることも指摘した。例えばMovieLink、CinemaNow、Moviebeamといった企業がサービスを開始しており、違法ダウンロードに頼らなくてもビデオオンデマンドサービスやCATVによるペイパービュー、テレビ放送などにおいても映画が見られるようにしていると主張。違法ダウンロードは正当化できないと説明している。


関連情報

URL
  ニュースリリース(英文、PDF)
  http://www.mpaa.org/currentreleases/2004_11_04_PressRelease.pdf
  海賊版とファイル交換に関する統計(英文、PDF)
  http://www.mpaa.org/currentreleases/2004_11_04_Statistics.pdf
  海賊版の被害額に関するデータ(英文、PDF)
  http://www.mpaa.org/currentreleases/2004_11_04_PiracyCost.pdf

関連記事
RIAA、予告通りP2Pネットワーク利用者250人以上に対する民事訴訟を開始(2003/09/09)
国際レコード産業連盟、欧州とカナダの247人を違法ファイル交換で提訴(2004/03/31)
RIAA、493人のファイル共有サービス利用者提訴〜利用を続けた24人も再提訴(2004/05/25)


( 青木大我 taiga@scientist.com )
2004/11/05 12:29

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2004 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.