Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

VISAを騙ったフィッシングメールの偽サイトはルーマニアに〜VISA中間報告


 ビザ・インターナショナルは、同社を騙ってクレジットカード情報を詐取しようとする日本語のフィッシングメールに関して調査し、その中間報告を発表した。

 このフィッシングメールは、「VISA認証サービス」のURLを記載したHTMLメール。URL部分には偽サイトへアクセスするためのURLが埋め込まれており、偽サイトにアクセスさせてクレジットカード情報を盗み取ることを目的にしている。

 今回の事件に対してビザでは、フィッシングメールの偽URLからアクセスするWebサーバーがルーマニアにあることを確認。現地のISPに連絡してURLの削除を依頼した。また、米国本社のフィッシング取締対策本部にも報告。続いて日本国内のVISAカード発行会社に警告し、内部調査チームを発足させたという。

 なお、ビザの初期調査では「不特定のアドレスにメールが配信されているとみられる」と分析し、個人情報の漏洩はなかったとしている。


関連情報

URL
  ビザ・インターナショナル
  http://www.visa.co.jp/

関連記事
VISAカードの暗証番号を入力させようとする日本語フィッシングメール出現(2004/11/09)


( 鷹木 創 )
2004/11/11 19:08

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2004 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.