Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

NTT東日本、802.11g採用の公衆無線LANサービス「フレッツ・スポット」


「フレッツ・スポット」ロゴ

「フレッツ・スポット」が利用可能なエリアに貼られる掲示マーク
 NTT東日本は、IEEE 802.11gおよびIEEE 802.11bに準拠し、プロバイダーを選択できる公衆無線LANサービス「フレッツ・スポット」を12月1日より開始する。サービス開始当初は大手私鉄の主要駅を中心に約120カ所のアクセスポイントを設置し、2005年度末までにはNTT東日本エリア内で3,500カ所に拡大するという。料金は、 NTT東日本のフレッツシリーズユーザーの場合で各プランとも月額840円。

 フレッツ・スポットは、NTT東日本が自社で設置したアクセスポイントを利用した、Bフレッツ、フレッツ・ADSL、フレッツ・ISDNユーザー向けの公衆無線LANサービスで、インターネット接続の際にユーザーが利用プロバイダーを選択できる特徴を持つ。一部プランを除いて、フレッツシリーズ以外のユーザーも利用できるが、月額料金が異なる。

 なお、同社では既にフレッツシリーズユーザー向けに公衆無線LANサービス「Mフレッツ」を提供しているが、フレッツ・スポットとは異なるサービスとして提供を続けるという。また、NTT西日本でも同名の公衆無線LANサービス「フレッツ・スポット」を提供しているが、ローミング等は行なわれない。NTT東日本では、NTT東日本のユーザーがNTT西日本のフレッツ・スポットを契約できるサービス等を検討しているという。

 フレッツ・スポットのアクセスポイントは、サービス開始当初は東京急行電鉄(東急)田園都市線と東横線、京浜急行電鉄(京急)本線、久里浜線および空港線、相模鉄道(相鉄)本線といずみ野線、西武鉄道池袋線、横浜市営地下鉄の主要駅を始め、新宿NSビルや丸の内オアゾなど120カ所に設置。以降、京王電鉄本線、相模原線、井の頭線や、ケンタッキー・フライド・チキン(KFC)、イタリアントマトなどの飲食店チェーンへの拡充を図り、2005 年度末にはNTT東日本エリア内で3,500カ所に拡大する予定だという。採用する無線LAN規格はIEEE 802.11gまたはIEEE 802.11bとなる。

 提供プランは、「標準プラン」「高セキュリティプラン」「Mフレッツメイト併用タイプ」の3プランを用意する。標準プランは、Windows XP/Me/2000/NT4.0/98SE/98/95およびMac OS 7.61〜9.xに対応するプランで、認証はMACアドレスフィルタリングのほか、対応プロバイダーの認証が必要となる。高セキュリティプランは Windows XPのみに対応し、対応プロバイダーの認証に加え、WEPのほかIEEE 802.1Xによる認証を採用している。Mフレッツメイト併用タイプは、フレッツ・スポットのアクセスポイントに加え、「Mフレッツホスト」で提供されるアクセスポイントも利用できるプラン。なお、Mフレッツメイト併用タイプ以外の2プランはフレッツシリーズのユーザー以外でも利用できる。

 料金は、初期費用が基本工事費が1,050円、交換機等工事費が1,050円。月額料金が、フレッツシリーズは各プランとも840円、フレッツシリーズユーザー以外が標準プラン、高セキュリティプランともに945円となる。また、別途プロバイダー接続料金が必要となる。


関連情報

URL
  ニュースリリース
  http://www.ntt-east.co.jp/release/0411/041125.html

関連記事
NTT東日本、フレッツユーザー向け公衆無線LANサービスを秋頃より開始(2004/08/27)


( 大久保有規彦 )
2004/11/25 21:18

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2004 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.