Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

米ネットユーザーの27%がブログを閲覧〜Pew Internet調査


 米非営利団体のPew Internet & American Life Projectは2日、米国におけるブログ動向調査の結果を発表し、2004年がブログ普及元年と位置付けられるとの見解を示した。

 調査は2004年11月、2回にわたって電話インタビューで実施され、計1,861人が回答した。それによると、成人インターネットユーザーの27%がブログを閲覧しているとし、前回調査した2004年2月の17%から大きく増加したことがわかった。米国の成人インターネットユーザーは1億2,000万人と見積もられているため、実数レベルでは3,200万人に達する。ブログを作成していると回答したのは7%(800万人)、ブログにコメントをしたことがあるというユーザーは12%だった。このほか、RSSアグリゲータやXMLリーダの利用状況についても調査が行なわれ、利用率は5%となっている。

 2004年は大統領選があった影響もあり、関心の高かったブログコンテンツとして政治キャンペーンが挙げられている。選挙に関連するブログを頻繁に、あるいは時々読んでいたと回答したのは9%に上った。

 ただし、ブログの意味を知っていたのは38%に止まっている。ブログ普及元年とはいえ、その影響はまだ一部に限られている現状が浮き彫りになった。


関連情報

URL
  ニュースリリース(英文、PDF)
  http://www.pewinternet.org/pdfs/PIP_blogging_data.pdf

関連記事
2004年のネット利用はブログが急成長、韓国ドラマが牽引役〜NetRatings調査(2004/12/20)


( Gana Hiyoshi )
2005/01/06 11:37

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.