Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

総務省、迷惑メール追放支援プロジェクトを2月に試行〜送信回線停止も


 総務省は27日、ISPによる自主的な迷惑メール対策を促す「迷惑メール追放支援プロジェクト」を2月上旬から開始すると発表した。

 同プロジェクトでは、財団法人日本データ通信協会に設置したモニター機を利用して、総務省が受信した迷惑メールの違法性を確認。携帯電話事業者から得られるヘッダ情報を分析して送信元ISPを特定し、違法メールの情報をISPに通知する。これにより、迷惑メールを送信している回線の利用停止措置などを促す。

 なお、違法メールとして認定する条件は、サブジェクトに「未承認広告※」と表示されていない、本文の冒頭に事業者の情報が表示されていない、など特定電子メール法の表示義務違反にあたるもの。

 同プロジェクトは、経済産業省との協力のもとで進められ、2月上旬に試行運用、4月上旬に本格運用が開始される。


関連情報

URL
  ニュースリリース
  http://www.soumu.go.jp/s-news/2005/050127_1.html

関連記事
経産省、迷惑メール対策を取りまとめ〜ISPや携帯電話事業者に協力を要請(2005/01/24)
経産省、迷惑メールの収集と“認定”業務開始〜送信元ISPに通知(2005/01/21)
総務省、迷惑メールに関する研究会の中間とりまとめを公表(2004/12/27)


( 増田 覚 )
2005/01/27 18:58

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.