Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

ACCS、サイトにアクセスしたIPの記録を開始〜DDoS攻撃に注意を喚起


 コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は28日、ウイルスによるDDoS攻撃によって閲覧が困難になった同協会のサイト「www.accsjp.or.jp」について、3月1日からアクセスしてきたIPアドレスを記録することを公表した。

 ACCSのサイトは、2004年3月に発生したウイルス「Antinny」による大量のアクセス(DDoS攻撃)によって定期的に閲覧が困難な状態となっており、2005年1月21日からはサイトのURLを「www2.accsjp.or.jp」に変更する暫定措置を行なっている。

 ACCSでは、現在でもDDoS攻撃の続いている「www.accsjp.or.jp」へのアクセスについて、3月1日からIPアドレスの記録を開始。過度のアクセスを行なっているIPアドレスについては該当するISPを通じてユーザーに対して注意を喚起することを予定しているという。


関連情報

URL
  ニュースリリース
  http://www2.accsjp.or.jp/news/release050228.html

関連記事
「Antinny」によるDDoS攻撃に苦しむACCSのサイト、URL変更の暫定措置(2005/01/21)
ACCSのWebを停止に追い込んだ700Mbpsを超えるDDoS攻撃の実態(2004/12/02)


( 三柳英樹 )
2005/02/28 20:21

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.