Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

「ライブドアの経営参画に反対します」ニッポン放送社員が声明


 「私たちニッポン放送社員一同はフジサンケイグループに残るという現経営陣の意志に賛同し、ライブドアの経営参画に反対します」。ライブドアとの経営権をめぐる騒動の当事者であるニッポン放送が3日、社員の総意だとする声明文を発表した。

 声明文は、リスナーやスポンサー、出演者、株主などに宛てるかたちで発表されたもので、同社が開局以来「リスナーのために」日々の業務に取り組んできたことを強調している。

 しかしそれに対して、ライブドアの堀江貴文社長の発言について「『リスナーに対する愛情』が全く感じられません。ラジオというメディアの経営に参画するというよりは、その資本構造を利用したいだけ、としか私たちの目には映りません」と指摘。同社がライブドアの傘下に入った場合は、フジサンケイグループやスポンサー各社などから「関係の見直しを余儀なくされることも十分に予想されます」として、「今回の問題が司法の場で適正に判断されて私たちの考えに沿った決定が成され、この混乱が一刻も早く終息すること」を願っていると述べている。


関連情報

URL
  ニッポン放送の経営権に関するニッポン放送社員声明文
  http://www.1242.com/info/seimei/

ライブドア、ニッポン放送の株式の35%を取得(2005/02/08)
ライブドア堀江社長、ニッポン放送株式取得の「所信表明」を動画配信(2005/02/22)
ニッポン放送、フジテレビに新株予約権を発行〜ライブドアの買付に対抗(2005/02/23)
ライブドア、東京地裁にニッポン放送の新株発行差止仮処分を申し立て(2005/02/24)


( 永沢 茂 )
2005/03/04 01:13

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.