Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

「Thunderbird 1.0.2」「Mozilla 1.7.6」が公開〜複数の脆弱性を修正


 米Mozilla Foundationは21日、メールソフト「Thunderbird 1.0.2」とインターネット統合環境ソフト「Mozilla 1.7.6」を公開した。どちらも現時点では英語版のみが公開されており、複数のセキュリティ修正が行なわれている。

 Thunderbird 1.0.2では、悪意のある.lnkファイルを2回ダウンロードした場合に、既存のファイルが上書きされてしまう問題や、文字コードをUTF-8からUnicodeに変換する際にヒープオーバーフローが発生する可能性がある問題など、5件の脆弱性を修正した。Mozilla 1.7.6では、国際化ドメイン名を悪用したドメイン名詐称問題に対応。また、プラグインを悪用して任意のコードを実行できる問題など、15件の脆弱性を修正している。

 なお、Mozilla製品の日本国内での開発、促進を行なっているMozilla Japanによれば、Thunderbird 1.0.2とMozilla 1.7.6の日本語版は「鋭意作成中」としている。


関連情報

URL
  Thunderbird(英文)
  http://www.mozilla.org/products/thunderbird/
  Mozilla(英文)
  http://www.mozilla.org/products/mozilla1.x/

関連記事
Mozilla Japan、「Firefox 1.0.1」日本語版公開(2005/03/14)
「Firefox」「Mozilla」の脆弱性情報17件が公開〜Firefox 1.0.1で修正(2005/03/02)


( 三柳英樹 )
2005/03/22 21:00

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.