Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

東京スター銀行、フィッシング詐欺メール対策ツールを導入


 東京スター銀行は、フィッシング詐欺対策を行なう個人情報保護ツール「nProtect Netizen」を同社サイトに導入する。nProtect Netizenはサイト上から無料でダウンロードできる。対応ブラウザはInternet Explorer 5.0以上、対応OSはWindows XP/2000/Me/98。

 nProtect Netizenは、利用者がアクセスしようとしているサイトが、正規の東京スター銀行のサイトかどうかを判別するツール。同社サイト上に用意されたツールのボタンをクリックするだけでインストールされ、利用中のブラウザが閉じるまで監視動作が続く。2度目のアクセス以降は起動するごとにアップデートが行なわれる。

 たとえば、利用者のもとに東京スター銀行を装った疑いのあるメールが届いた場合、東京スター銀行のサイトにアクセスしてからnProtect Netizenを起動する。その後、別のブラウザを立ち上げてメールに記載されているURLを開くと、正規のページでない場合には「東京スター銀行とは関連のないホームページにアクセスしました。」というメッセージダイアログが表示される。

 nProtect Netizenには東京スター銀行に関連のあるIPアドレスがあらかじめ登録されており、起動時は常にIPアドレスを監視する。登録されていないアドレスのサイトが開かれると、メッセージダイアログが現われる。このほか、スパイウェアやネット接続のみで感染するワームウイルスの検知機能などを備える。


関連情報

URL
  東京スター銀行
  http://www.tokyostarbank.co.jp/
  nProtect Netizen
  http://nprotect.jp/netizen/

関連記事
フィッシング詐欺をいかに見破り対策するか(前編)
〜国内銀行を騙る日本語フィッシングメールが出回る(2005/03/16)

フィッシング詐欺をいかに見破り対策するか(後編)
〜国内銀行を騙る日本語フィッシングメールが出回る(2005/03/17)

金融機関を騙ったフィッシングメールが続発、UFJ銀行やみずほ銀行を偽装(2005/03/15)
VISAカードの暗証番号を入力させようとする日本語フィッシングメール出現(2004/11/09)


( 増田 覚 )
2005/03/23 19:25

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.